東洋医学|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 東洋医学

東洋医学

健康の話
2015.10.16

こんにちは渡辺です!!

 

今回は東洋医学についてお話してみたいと思います。

まず、東洋医学と聞いて何を思い浮かべますか?

たぶん漢方薬や鍼灸、マッサージなどを思い浮かべると思います。現代の日本では古代の中国でおこり、日本に伝えたれて独自に発達した医学を東洋医学と呼ばれています。ただ、広く捉えるとトルコより東の地域で発達した医学全般(イスラム医学やインドのアーユルヴェーダ、チベット医学など)も東洋医学に含まれるそうです。

しかし、中国から伝えられた東洋医学ですが、地域によって発達した分野が違うと言われています。

中国の北方では灸、西方では薬草、南方では鍼、東方では砭石(へんせき)、中部では導引や按摩療法が発達したと言われているそうです。

因みに砭石とは現在で言う瀉血と言うあえて出血させて悪い血を出すといった治療法になります。しかし、日本では現在医師のみしか認められておらず瀉血を行うと医師法に抵触し罰せられてしまいますのでお気をつけくださいm(_ _)m

鍼灸では刺絡という方法もありますが…その話はそのうちお話します(笑)

では、いつこのような医療技術が伝来したかというと、5世紀半ば頃から朝鮮半島を経由もしくは中国から直接伝えられたと考えられるそうです。

そして、平安後期から日本独自の診断や処方が加えられ日本医学が成立し、江戸時代には全盛期を迎えたそうです。

しかし・・・明治以後は政府がドイツ医学を正規の医学として採用したこともあり、漢方は徐々に衰退しているそうです。少し前にやっていたドラマJ○Nでは完全に西洋医学が主として描かれていましたね(((゜Д゜;)))

安心してください。昭和になってから手軽に服用出来るエキス剤や顆粒の漢方薬が普及したことがきっかけとなり、再び東洋医学が注目を集めはじめているそうです。

現在では、西洋医学よりも副作用が少ないこと、原因がはっきりしない症状や慢性的な症状に効果があることが広く知られるようになり、鍼灸や漢方薬といった東洋医学を治療に取り入れる方が急増しているそうです\(^o^)/

しかも、2001年から医学部の教育の中に、正規に東洋医学がカリキュラムとして導入されたそうです!!

yjimage

 

最後に徐々に浸透してきている鍼灸治療ですが、未だに保険が効かないし料金が高いでしょ?という話をよく聞きます。しかし、当グループではしっかりとした原因がある疾患に関しては医師の同意を得ることにより保険診療が可能です。

是非一度お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る