あのポーズ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > PGとDGは3点 コンバージョンキックは2点

PGとDGは3点 コンバージョンキックは2点

亀有南口分院
2015.10.31

感触を確かめながらボールを2回まわしセット

 

 

助走は後ろへ3歩、左へ2歩

 

 

右手でボールを前に押し出すイメージの動作

 

 

下半身の力を抜く意識をして身体の前で手を組む

 

 

キックの瞬間、前方へ体重移動

 

 

これはラグビーW杯で活躍した日本代表五郎丸選手がキックの前に必ず行う動作です。

お祈りをするかのようなポーズで有名になったこの一連の動作のことをルーティン(routine)と言います。ルーティンとは簡単に言うと「決められた動作、一連の動き」のことを指します。

ここでは五郎丸選手でクローズアップされたルーティンについて少しお話をします。

 

実際にスポーツアスリートがルーティンを行うことで何がもたらされるかと言うとメンタル面にあると考えられています。ルーティンという決められた一連の動作で無駄な動きを省くことによって

・余計なことを考えず集中できる

・常に同じ動作なので失敗しない行動をとっているという自信から実力を発揮できる

・動作に集中することで余計な感情を排除することができ緊張を軽減できる

 

つまりスポーツにおけるルーティンとは『何かの動作を行う前に常に決まった行動を取り入れることで、それが習慣になったとき自然と心理的状態が落ち着く傾向に持っていけるスキル』のことと言えます。

アスリートがルーティンというスキルを習得することで過度の緊張がほぐれたり、自信がよみがえり普段の実力やそれ以上の実力をシビアな場面でも発揮できる心理状態が作れるのです。

 

ちなみに五郎丸選手以外のアスリートでルーティンで有名な選手と言えば

「ルーティンマニア」と呼ばれるほど起床から就寝までほぼ同じ行動をとっていると言われるイチロー選手が有名です。バッターボックスで構えるときユニフォームの袖を引っ張るので有名ですが、実はネクストバッターサークルからバッターボックスで構えるまで約17種類のルーティンを行っているそうです。

また先日世界選手権で団体金メダルを獲得した体操の内村航平選手は、跳馬の直前に腕を伸ばし狙いを定めるかのような仕草をしますが、これもルーティンと言えます。

 

ここまでスポーツアスリートのルーティンについて述べてきましたが、我々の日常生活や仕事でもルーティンを大いに活用することができます。

ビジネスではルーティンワークとも呼ばれますが、ルーティンワークとは「流れがマニュアル化されていて誰でも出来るように仕組み化されている仕事」のことを指します。

クリエイティブさに欠け「誰でもできる仕事」と捉えがちですが、上手に日常に取り入れることで様々な効果を発揮します。

①大切なこと、有意義なことに集中できる

ルーティン・決まり事を設けることで「選択する」ということにかけるエネルギーを削り、本当に大切なことにエネルギーを費やすことが出来る。

②時間を効率的に使える

毎日同じ時間に同じことをするため、規則正しいスケジュールで過ごすことが出来ます。スケジュールがしっかりしていることで迷いがなく、時間の無駄もなくなります。

③難しいことを克服できる

難しいと思われることでもルーティン化することで習慣化できます。決まった作業を毎日やることでその作業が体に強く刻まれ染みつきます。ルーティン化によってその作業をしなければ不快感になり、必ずその行動をとってしまうようになります。朝の早起きやジョギングがそうです。

 

オバマ大統領はグレーか青の2色のスーツしか着用せず、食べる物も迷わないよう何を食べるか決めているそうです。

またFacebook創始者のマーク・ザッカーバーグ氏も着る物に時間をかけないようで毎日同じ服を着るため、同じTシャツを何枚も持っているそうです。

 

実はみなさんも知らず知らずのうちルーティンに近い行動をとっているかもしれません。

自分は施術前に五郎丸選手のようなポーズはとりませんが、日頃のウェイトトレーニングやジョギング、仕事前のストレッチ、食事のメニューなどルーティン化できそうなものが多々あります。

みなさんも自分の行動の中でルーティン化できそうなものを探してみて、その中からしっかりとしたルーティンを身につけ習慣化し、これまでと違った人生を経験してみてはいかがでしょうか?

 

南口院 いたばし

ページトップへ戻る