生活改善のポイント|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > 生活改善のポイント

生活改善のポイント

亀有北口本院
2015.11.15

こんにちは

皆さんは定期的に健康診断や人間ドックなどを受けて

いらっしゃいますか?

検査を受けるのも大切ですが、その結果を踏まえて

生活を改善していくこともまた重要な事と考えます。

そこで今回は症状別の生活改善ポイントをご紹介します!

 

★太り過ぎの方の生活改善ポイント

肥満は生活習慣病の温床といわれます。

特に内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型肥満は循環器系

疾患の発症と深い関わりがあるので注意が必要です。

①1日3食きちんと食べる

②よく噛んでゆっくり食べる

③野菜はたっぷり肉や油脂は控えめにする

④筋肉を鍛え基礎代謝量を維持する

⑤一万歩めざして歩く

⑥ストレスは早めに解消する

 

★血圧が高めの方の生活改善ポイント

高血圧を放置しておくと、心臓の負担、血管へのダメージが

大きくなり、心臓病、脳卒中などの重大な病気につながる

危険性が高くなります。

血圧が高めの方は、日頃の生活習慣を見直して

血圧コントロールを始めましょう。

①定期的に体重を測り適正体重を維持する

②日常生活のなかで体を動かす機会を増やす

③喫煙している人は禁煙をする

④家庭で血圧を測る習慣をもつ

⑤塩辛い食事は極力減らし薄味の食事に慣れる

⑥ストレスは早めに解消してため込まない

 

★脂質異常が疑われる方の生活改善ポイント

脂質異常は、肥満、高血圧、高血糖とともに動脈硬化を

進める危険因子のひとつ。

まず、食生活の改善が重要。そして適度な運動、適正

体重の維持、禁煙なども欠かせません。

①肉食は減らし魚や大豆製品をたくさんとる

②野菜、きのこ、海藻などの食物繊維の多い食品を

たくさんとる

③魚卵、鶏卵などのコレステロールの多い食品は

なるべく控える

④積極的に体を動かす機会を増やす

⑤喫煙している人は禁煙する

 

★肝機能障害が疑われる方の改善ポイント

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、自覚症状が乏しい

のが特徴。

検査数値で異常が認められたら、肝臓に負担をかけ過ぎて

いる証拠です。

節酒、栄養バランスのとれた食生活、休養などで肝臓を

いたわりましょう。

①アルコールの飲み過ぎを避ける

②栄養バランスのよい食事を適量とる

③睡眠を十分にとる

④ストレスをため過ぎない

⑤過労を避ける

 

★血糖値が高めの方の生活改善ポイント

食生活に注意しながら体を動かす習慣をつけましょう。

糖尿病の場合は血糖値をコントロールすることにより、合併症

を予防することが何より重要です。

①適正なエネルギー量の食事をとる

②1日3回規則正しく食事をとる

③栄養バランスのとれた食事を食事をとる

④適正な体重を維持する

 

★痛風(高尿酸血症)が疑われる方の生活改善ポイント

運動は尿酸値を改善する効果もありますが、急激に激しい

運動を行うことは逆効果。

適度な運動を心掛けることが重要です。

①プリン体の多い食品を控える

②アルコールは控えめにする

③肥満を解消する

④水分を十分とる

⑤動物性タンパク質をとり過ぎない

 

★貧血が疑われる方の生活改善ポイント

女性の貧血のほとんどを占める「鉄欠乏性貧血」。

その予防改善には栄養バランスのとれた食事を基本として、

鉄分やたんぱく質を十分補給することが大切です。

重症の場合は子宮筋腫などの婦人科系疾患、消化管出血

なども考えられますので、医師の診察を受けましょう。

①鉄分の多い食事をしっかりとる

②インスタント食品、レトルト食品に頼り過ぎない

③朝食抜きの不規則な食生活をしない

④無茶なダイエットをしない

 

★腎機能障害が疑われる方の生活改善ポイント

腎臓の働きが慢性的に低下していく慢性腎臓病(CKD)が

近年増加しています。

腎臓は一度悪くなってしまうと自然に治ることはありません。

CKDの予防のためには、日々の生活習慣の改善が第一です。

①バランスよく適量を食べる

②塩分のとり過ぎに注意する

③適度な運動をする。ただし、激しい運動は要注意

④適正な体重を維持する

⑤過労を避け睡眠を十分にとる

⑥禁煙をする

⑦血圧を適正に保つ

 

以上を参考にしていただいて、検査結果をより

有効に活用いたしましょう!!(^o^)丿

 

本院 きくち

 

ページトップへ戻る