坐骨神経痛|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2015.12.10

今回は、坐骨神経痛についてお話させていただきます。この坐骨神経痛以外に下肢痛は、大腿神経痛、閉鎖神経痛など様々な神経痛があります。

椎間板ヘルニア)坐骨神経痛の疾患として最も有名な疾患である。椎間板の線維輪の一部に断裂があり、編成した髄核が脊柱管内や椎間内に侵入し、神経根を圧迫して発症する。ヘルニアが好発する高位は、L4~L5が最も多い。発症年齢は20歳代が最も多く、大部分は、40歳代までである。下肢に知覚異常がみられる。

脊柱管狭窄症)中年以後の患者で、下肢の神経痛ともに間欠性は行がみられる。脊柱管周辺の骨組織の変形や軟部組織の問題がでてくる。症状は、腰痛、下肢痛、しびれ感、脱力感という状態がみられる。その他膀胱障害もでてきます。

梨状筋症候群)梨状筋の筋膜炎や筋痙攣によって坐骨神経痛が圧迫され、坐骨神経痛の症状の症状を現すものを『梨状筋症候群』と呼びます。女性に多く、歩行中の捻り、重量物挙上時における股関節の外転、長時間の立位など軽微な誘因を認めることもある。臀部から下肢にかけての坐骨神経支配域に痛みを訴えられる。とくに梨状筋部に著明な圧痛を検出する。

変形性脊椎症)加齢による椎間板の変性を基盤とし、椎体の変形、靭帯の過緊張・肥厚などが重複し、神経根の障害が発症される。中高年層における腰痛、下肢神経痛、下肢のしびれ感、起床時痛、動作開始痛、同一姿勢による症状がある。

脊椎滑り症)脊椎滑り症による下肢神経痛の発生頻度は少ないが、高度の滑り症では、脊柱管狭窄症の症状や下肢痛を訴えることがある。症状は、一般の坐骨神経痛と大差なく、腰痛、臀部痛、下肢しびれ感、大腿部痛及び下腿部痛、下肢筋力低下などである。重症例では、排尿障害まででてきます。

現症状)まず膝関節痛でないことを確かめる。膝関節のいたみと間違えないように選別が必要である。

自発痛)自発痛があっても、脊柱の前屈や後屈などの動作で痛みの増強がみられる場合は、一応、内臓性腰痛を除外

することができるが、腰椎周辺の腫瘍性疾患を否定することができない。安静時痛が激しく持続的で、しかも経過が進行性である。腰椎は悪性腫瘍の好発部位であるが、多くは、転移性腫瘍であるから難しい。夜間痛は、夜間の自発痛であって寝返りなどの動作による痛みはこの症状に該当しない。咳・くしゃみが出るかどうかではなく、咳やくしゃみによって痛みが変わっていきます。

痛みがあればすぐご来院下さい。

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る