寒冷蕁麻疹について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 寒冷蕁麻疹について

寒冷蕁麻疹について

健康の話
2015.12.10

今回は蕁麻疹(じんましん)の中でも寒冷蕁麻疹について紹介していこうと思います。

 

蕁麻疹と聞くと、皮膚にぶつぶつが現れる症状のある皮膚の炎症で、実際に蕁麻疹が発症した経験のある人は多くいると思います。

では寒冷蕁麻疹という蕁麻疹はご存知でしょうか?

 

◆寒冷蕁麻疹とは?

1、症状

・赤くなる

・痒くなる

・腫れることがある

といった症状が挙げられます。症状に関して言えば、通常の蕁麻疹とほとんど同じだと言えます。

 

2、寒冷蕁麻疹が起きやすい人

・寒がりな人

・鳥肌が出やすい人

・汗をかきやすい人

といった人が挙げられます。寒い環境に弱い人は寒冷蕁麻疹が起きやすいようです。

◆寒冷蕁麻疹が起きる原因

自分の体温よりも低い気温や冷たい水に触れた時に起きる場合と

体温が下がってしまったのを温めて体温が上昇した時に発生する場合の2種類です。

急激な温度差を感じた時に発生するのが寒冷蕁麻疹なのです。

◆ヒスタミンの放出

では、どうして温度差を感じた時に蕁麻疹が発生するのでしょうか?

急激な温度差が生じると、体内にある肥満細胞から「ヒスタミン」という物質が放出されます。

このヒスタミンが放出されると、血管内にある血漿を排出するので皮膚に赤みや腫れが発生してしまうのです。

 

さらに一番強く感じやすいのが皮膚のかゆみです。ヒスタミンが神経を刺激してしまうことが原因で

かゆみを感じてしまう原因になります。

◆寒冷蕁麻疹が発生しやすい環境は?

●冬場に暖かい部屋から外に出た時

●冬場にお風呂から脱衣所に移動した時

●冬場に運動をした後

●夏のプールの後

●クーラーが効いた部屋から暑い外へ出る時

●冷たい飲み物を持ったり、飲んだりする時

といったことが挙げられます。個人差があるので、かなりの温度差を感じた時にしか

症状が現れない人もいれば、低い温度差でも症状が現れる人もいます。

寒冷蕁麻疹の対処法

●冷やさずに温める・・・ただの蕁麻疹であれば、冷やすことで症状を緩和できる場合もありますが

寒冷蕁麻疹の場合は冷やしてしまうと症状が悪化してしまう危険性があります。

●日焼け止めが効果的!・・・いつも蕁麻疹が出る部分に、日焼け止めをたっぷり塗っておきましょう。

外気の寒さなどで発症する場合、大幅に解消できることが多いようです。

●暖かい飲み物を飲む・・・冷たい飲み物で症状が出やすくなる人もいるようです。どちらにせよ冷えは身体によくありませんので

暖かい飲み物で体内を温めておくようにしましょう。

 

自分が寒冷蕁麻疹だと気付いていないまま生活している人も多くいます。

症状が出てもすぐ治まる場合はあまり心配する必要はありませんが長引いたり頻繁に症状が現れるようであれば

一度検査を受けに行くことをオススメします。

南千住院 本間

ページトップへ戻る