ストレスについて|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > ストレスについて

ストレスについて

健康の話
2015.12.11

こんにちは。

にしかわの木村です。

今回は、ストレスについて解説していきます。

 

基本的に、ストレスといわれると

・いやなことを言われた

・人間関係がうまくいかない

 

など、といったことを連想しますが、

実は人間は軽いストレスがないと生きていけないのも事実です。

 

必ずしも、ストレス=嫌なことではありません。

  • 苦手な上司と一日じゅう一緒に仕事をするのも、
  • 好きな男性(女性)と久しぶりに一日じゅう一緒に過ごせるのも、
  • 明日からテスト週間で、なかなかテスト勉強が終わらないのも、
  • 楽しみにしていた運動会に向けての、大好きなリレーの練習も、
  • 「あぁ~、年末年始の休みも今日で終わり。明日から会社かぁ」も、
  • 「いよいよ、明日から海外旅行だーっ!」も、

 

すべて「ストレス」です。

結婚も離婚も、昇進も左遷も、入学も卒業も、

イヤな仕事も楽しいデートも、うれしいことも、イヤなことも、楽しいことも、

つらいことも、すべてストレス。

イヤだとか楽しいとかは関係なく

「心と体に受けるありとあらゆる刺激 = ストレス」 ということなのです。

 

ストレスのない状態とは、変化や刺激がない状態のことで、

温度も音も光も何も、何もかもがまったく変わらない状態なのです。

 

何もかもがまったく変わらない状態というのは

今生きている私たちにとっては、想像することは大変ですが、

これに近いイメージを作るとしたら

静かでぽかぽか陽気の昼さがりに、

縁側でのんびりとうたた寝しているような状態が

それに似ていると言われています。

 

次にストレスに弱い人の傾向を見てみましょう。

 

  • 几帳面、完璧主義、責任感が強い
  • 周りに合わせようとして、自分を犠牲にしたり、無理をする
  • 感受性が高い、神経が細やか
  • 一つのことにとらわれる、些細なことが気になる
  • 親にたよりがち、他人に頼りがち

 

なかなか、繊細な人のイメージですね。

ストレスに強い人の傾向は言うまでもなく

このまったく真逆になります。

 

様々なストレスに溢れる現代社会・・・。

今までにはあまりみられなかった「ストレス症候群」というものが

最近では、増えているようです。

 

1、スーパーウーマン症候群

キャリアウーマンに見られるストレス症候群のひとつ。

ビジネスマンとしても、妻、母としても良くあろうと完璧主義的になり、

自分の目指すレベルでの両立ができずにストレスがたまってしまい、

心や体に症状があらわれるもの。30代の女性に多くみられる傾向があります。

 

2、主婦神経症

主婦の役割をしっかり果たそうとがんばって、

肉体的にも精神的にも疲れきってしまうもの。

介護ノイローゼや育児ノイローゼがその代表です。

ストレスが多い状態が当たり前になると、

「ストレスがたまっているなぁ」と感じなくなって、

ますます体や心に症状があらわれます。

 

 

3、バーンアウト症候群

一生懸命に努力して頑張ったのに目標が達成できなかった時、

逆に目標を達成できた時、誰からも認めてもらえないと感じた時などに、

燃え尽きた(バーンアウト)ように気力がなくなって体にも症状を感じるのが、

バーンアウト症候群です。仕事だけでなく、勉強(受験)

恋愛などでもバーンアウト症候群になることがあります。

 

4、空の巣症候群

生きがいだった子供が、大学進学や就職での一人暮らしや

結婚での独立をきっかけに、母親としての役割をなくした孤独感や

生きがいを失った虚無感を感じて、新たな生きがいを見つけられないまま

“うつ”になってしまう状態のこと。40代後半から50代の女性に多く見られます。

 

5、出社拒否症候群

出社拒否症とは、朝出社しようとすると激しい吐き気や動悸を感じたり、

会社が近づくと頭痛や息苦しさを感じて出社できなくなる状態のこと。

まじめで頑張り屋の人が大きな仕事や責任がかかった時や、

能力には自信があるの成果が出なかったり、まわりについていけなくなったと感じた時に、

急に症状があらわれて出社拒否症になることが多いです。

 

と、書けばどんどん出てきてしまうので(笑)

次は対処法に行きましょう。

 

ストレスの症状が様々あるように、ストレスの対処法もやっぱり様々です。

人によっては、食べることやお酒を飲むことで発散されるなどがありますが、

何事も自分でキープすることが必要です。

肥満や病気の引き金になってしまっては、元も子もありませんね・・・。

ストレスに効く栄養素がこちら。

  • 心の健康のために抵抗力を高めるビタミンCやβカロテンを含んでいる緑黄色野菜
  • 疲労回復に役立つビタミンB群などの大豆製品
  • カルシウムが多く、体の調子を整える海藻類

牛乳やコーヒー、紅茶もリラックス効果があるといわれています。

 

好きなものを食べる、観る、聴く、

買い物をする、ドライブをする、軽く運動をする

 

など、自分に合ったストレス解消法を見つけておくことで

心も身体もリラックス状態にしていくことが一番ですね。

 

そして、マッサージや鍼・お灸なども

リラックスする方法としては、やはり最適です。

 

とくに、お灸は、艾の成分である「チネオール」

(シネオールとも言われます)

が、アロマ効果があり、リラックスするのを助長してくれるとも

言われています。(艾の匂いが苦手な人も中にはいらっしゃいますが・・)

 

身体を温めるということは、すごく大切で、寒い冬ではさらに必要になりますね。

 

マッサージでも、血流がよくなり身体をぽかぽかにさせることが出来ます。

 

みなさん、ぜひ、ひまわり堂に来て

疲れた身体を癒してくださいね☆

ページトップへ戻る