• スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 冬の過ごし方 1

冬の過ごし方 1

健康の話
2015.12.28

だいぶ寒くなってきましたねぇ。
寒くなると身体が縮こまり、気分の落ち込みやすくなります。
今回は寒い冬の過ごし方を考えてみたいと思います。

冬は気分が落ち込みやすい季節だといわれています。
日照時間が短いことで、脳内物質の「セロトニン」の分泌量が低下して、安らぎを感じにくくなるからです。
「セロトニン」とは・・・
セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の1つで、セロトニンが、きちんと分泌されていると落ち着きや心地よさ、満足感などを感じることができるそうです。反対にセロトニンが不足してしまうと、精神のバランスが崩れてしまい、イライラしやすくなったり、なんだか、気持ちがモヤモヤしてしまったり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、ひいては、うつ病を引き起こしてしまうこともあるのだそう。

まずは、今の状態をチェックしてみましょう。

□最近、疲れやすい
□眠れない、または起きられない
□イライラしてしまう
□甘い物が食べたくなる
□気分が落ち込むことが多い
□運動不足である
□集中力がない
□何事も面倒だと感じる
これらは、冬だけでなく誰でも当てはまる項目です。
だけど、この状態が続くと気分が落ち込んだり、やる気が出なくなってしまいます。
それでは、セロトニンを分泌させるにはどうすれば良いのでしょうか?

1、日光を浴びる
セロトニンを生成するのに欠かせないのが太陽の光。
通勤時や休日は、できるだけ日光に当るようにしましょう。
家の中にいるときは、カーテンをあけるだけでもOK!

2、規則正しい生活をする
セロトニンの分泌量が下がると、日中に眠くなったり、夜に寝つきにくくなります。
しかし、だからといって、夜更かしをするのは悪循環、朝、起きにくいときは、
サッと熱めのシャワーを浴びるのがおすすめです。

3、無理をしない
やる気をだそうとすると、いつも以上のエネルギーが必要になります。
元気がないときは、ゆったりとした気分が落ち込んだときは、
無理をせずにリラックスしてお過ごしください。

4,セロトニンを増やす食べ物
もし、なんだか調子がすぐれない、イライラするなどの自覚症状がある場合は、セロトニンを増やす準備を始めましょう。セロトニンは、トリプトファンという物質から作られています。このトリプトファンは、体内では合成できないため、食べ物から摂取する必要があるんです。トリプトファンは、こんな食べ物に含まれています。
・豆製品・・・豆腐、納豆、大豆、味噌
・乳製品・・・牛乳、ヨーグルト、チーズ
・種類・・・ひまわりの種など
・ナッツ類・・・アーモンドなど
・卵
・バナナ
この他、肉、魚などにも含まれているので、バランスよく食事を摂れば、比較的摂りやすいかもしれませんね。そして、忘れちゃいけないのが、トリプトファンはビタミンB6と合成することで、セロトニンを作るので、ビタミンB6とその2つの合成を助ける炭水化物も必須です。
ちなみに、ビタミンB6は、こんな食べ物に多く含まれています。
・魚類・・・まぐろ、かつお、いわし、さけ
・肉類・・・牛肉、鶏肉、豚肉
・その他・・にんにく唐辛子、ピスタチオ、抹茶、
この他にも、含有量の多さの違いはあれど、かなり色々な食べ物に含まれているので、こちらも、バランスよい食事を心がけることで、摂取するのはそんなに難しいことではなさそうです。

金町院 井上

ページトップへ戻る