消化力を守る|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > 消化力を守る

消化力を守る

亀有北口本院
2016.01.10

こんにちは北口本院です

2016年もよろしくお願い致します

年末年始に暴飲暴食をして、後悔されている方も

多いと思います(^_^;)

そこで今回は『消化力』にスポットを当ててみました

 

■すい臓にやさしい食生活で消化力を維持しましょう

 

お酒を飲む機会が増える時期です。

そこで気をつけたいのが、すい臓への負担です。

この臓器では、食べ物を消化するすい液がつくられて

います。

アルコールをとり過ぎたり、脂っこい食事を食べ続けて

いると、このすい液によってすい臓自体が溶かされ、

激しい痛みが襲います。

こうした急性すい炎がいま増えています。

消化力を保つためには、アルコールや脂っこい

食品の摂取は控えましょう。

一方、空腹時にお酒を飲むと、胃を荒らすことにも

なりかねません。

乾杯のあとは、食事といっしょにアルコールを。

また、パイナップルにはタンパク質を分解し、消化を

助ける酵素が含まれており、デザートに選ぶとよい

でしょう。

さらに、ダイコンやカブなどにはデンプンの分解酵素が

あり、胃での消化を助けてくれますよ。

 

■食べた後は牛になって消化力を高めましょう

 

食後は横になり、安静にしているほうが、胃袋がよく活動して

消化がよくなると言われます。

また、高齢の方にとっては、その方が食後低血圧の

予防になります。

食後は血液が消化器系に多く流れ、低血圧症を起こし、

一時的な脳貧血になります。

急に立ち上がると、転倒することもあるので、食後

しばらくは静かに。

ただし、注意したいのは逆流性食道炎の場合です。

胃からの逆流を防ぐ機能が低下し、胃の中のものが

食堂へ逆流して胸やけや胸痛、つかえ感などを

感じます。

こうした症状が見られるときは、医師の診断を

受けるとともに、食後しばらくは横にならない方が

よいでしょう。

 

最後に毎日できるヘルスチェックをひとつ

■臭いの状態でチェック!

ストレスや偏った食事など、生活習慣が乱れると

体臭が強くなることがあります。

また、口臭には呼吸器や胃腸の異常、糖尿病などが

隠れている場合も。

糖尿病は重症になると甘酸っぱい臭いを発することが

あります。

また、中高年の女性は口のなかが乾燥する膠原病で

ドライマウスなどを患う人が多く、その場合も口臭が

強くなります。

 

今年も健康第一で良い一年にしたいですね。

本院 荒木

ページトップへ戻る