ちょーいいことばかり|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > ちょーいいことばかり

ちょーいいことばかり

亀有南口分院
2016.01.16

みなさんはどんなお正月をお過ごしでしたか?

自分はついつい食べ過ぎてしまいました。

お正月ということもあって、食生活が乱れてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は食生活に関わりが深い「腸」について少しお話をしたいと思います。

 

最近、雑誌やテレビで取り上げられている「腸内フローラ」をご存知ですか?

私たちの腸内にはたくさんの細菌が棲みついています。

これら腸内の細菌を腸内菌といい、その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなると言われています。

特に回腸から大腸にかけて、これらの多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりを作ってびっしりと腸内の壁面に生息しています。

この様相が、まるで植物が種類ごとに集団を作って群れている花畑の様子にたとえられ、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ばれています。

 

「腸内フローラ」を構成する腸内菌は大きく分けて以下の3つに分類されます。

・善玉菌(有用菌):食べ物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり、排便にもつながる腸の蠕動運動を促し、ヒトの体に有用な働きをする菌

〈代表的な菌〉ビフィズス菌、乳酸菌

・悪玉菌(腐敗菌):腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌

〈代表的な菌〉ウェルシュ菌、ブドウ球菌

・日和見菌:その時の環境によって善玉にも悪玉にもなる菌、その他大勢の菌

〈代表的な菌〉大腸菌、バクテロイデス

 

棲み心地のよい腸内スペースでは、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げています。一方が増殖すれば、もう一方が抑えられるというように全体の数は定まっており、いつも腸内は陣取り合戦をしている状態といえます。様々な原因で菌叢バランスが崩れ悪玉菌優勢になると、腸内環境が悪化して体調が崩れてしまいます。

 

悪玉菌が増えて腸内環境が悪化してしまう原因として

・加齢:出産と同時に大腸菌などが入り込み、生後3~4日くらいで母乳により

善玉菌の代表のビフィズス菌に覆われ、離乳食の頃には食べ物による

様々な菌も入りヒト固有の腸内フローラがほぼ決まるそうです。

年齢を重ねることで悪玉菌との関わりが深くなり、老年期にはビフィズス菌が減少していきます。

・高脂肪食:動物性脂肪や動物性蛋白質など肉類のような脂っこい食品や

マーガリンやショートニング、クリーム類、油で揚げたスナック菓子などの

加工食品に含まれるトランス脂肪酸は悪玉菌が好むエサで、これらの食品を

食べる機会が多い場合は注意が必要になります。

 

では、お正月中に食生活が乱れて悪玉菌が増えてしまった腸内環境を善玉菌で改善しましょう。

善玉菌で有名な食品といえば納豆やヨーグルトなどの発酵食品です。

納豆、味噌、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品は栄養が豊富な上、乳酸菌などの多様な善玉菌を摂り込むこと

ができます。

このうち、特に乳酸菌は悪玉菌の繁殖を抑え、腸内菌のバランスを整える役割を果たします。

 

ただ、毎日乳酸菌を体内に摂り込んでも乳酸菌は生き物なので食べ物がなければ増えることができません。

乳酸菌のエサというのがオリゴ糖と水溶性食物繊維になります。

・オリゴ糖:糖類の一種であるオリゴ糖は胃や小腸の消化液に強いため、大腸まで届き善玉菌のエサになることが知られています。

〈オリゴ糖を含む食品〉玉ねぎ、サトウキビ、キャベツ、ごぼう、アスパラガス、じゃがいも、大豆など

・水溶性食物繊維:食物繊維には水溶性と不溶性とがありますが、特に水溶性食物繊維は大腸で分解され善玉菌         のエサになるという特徴と分解後ゲル状になるため、便を柔らかくして便秘を解消するという特徴もあります。

〈水溶性食物繊維を含む食品〉ごぼう、オクラ、ニンジン、さつまいも、春菊、納豆、いんげん豆など

 

更にオリーブ油、えごま油などの植物性油脂や、海藻、クルミなどの一部のナッツ類、ココナッツオイル、いわし、さば、サーモンなどに含まれる良質な油と言われるオメガ3系脂肪酸には腸の動きを滑らかにする働きがあります。

 

腸内細菌は多種多様な種類が数多く存在していることが理想的です。そのためにも先に述べた食品を含め肉、野菜、魚、炭水化物など様々な種類の食品をバランスよく摂ることが腸内環境を整えるのには重要なのです。

 

また、腸内環境を整えることで様々な効果も期待できます

・ダイエット:脂肪燃焼率が高まり基礎代謝力がアップします。

・美肌:肌トラブルの多くは腸内環境の乱れからです。腸内環境を整え、素肌美人になりましょう。

・免疫力:腸内には全身の6~7割の免疫細胞がいます。腸内環境の乱れが免疫力の低下に繋がります。

腸内環境を整えて、元気で健康な体を手に入れましょう。

・花粉症:腸年齢の高齢化が影響します。免疫力を上げ、腸年齢を若返らせて花粉症を緩和させましょう。

・ストレス:腸は「第二の脳」ともいわれ、精神状態と直結していてストレス症状が現れやすい器官です。

最近の研究では「脳と腸」は双方向ネットワークを組んでいてストレスを受けるとお互いにストレス信号を送受信するので、腸内環境が乱れることがわかっています。

腸内環境を整えることでストレスに負けない身体を作ることができます。

 

これを機にみなさんも「腸」を労わる食生活を実践してみてはいかがでしょうか?

 

ひまわり堂接骨院南口院 イタバシ

ページトップへ戻る