ノロウイルスについて|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > ノロウイルスについて

ノロウイルスについて

健康の話
2016.01.18

今日は食中毒で有名なノロウイルスについて話していきます。

毎年冬に感染が多く見られ、特に11月から1月にかけて感染数が増加します。

急性胃腸炎を引き起こすウイルスで潜伏期間は短く、24時間から48時間の潜伏期間を経て、症状が現れてきます。

食中毒だけではなく、感染した患者の吐瀉物を介して感染し、適切に処理を行えていない場合は埃と共に空気中に舞い上がり感染する場合もあります。

食中毒の場合は前日、前々日に食べたものが原因として考えられます。

食中毒は魚介類、とくに二枚貝(カキなど)で多く見られます。

お腹にくる風邪と呼ばれているものはノロウイルスである可能性も高いです。

・症状

37~38℃程度の発熱と猛烈な吐き気、腹痛、下痢が見られます。

初期には微熱が出ることもありますが、たいていはそれ以上に辛い症状を引き起こし、チクチクとしたお腹の痛みや、こみ上げるような不快感や吐き気を催します。

吐き気がおさまると今後は下痢が長引き、水のような便が出ると言われています。

免疫力の強い成人であれば感染したとしても発症しない、場合や風邪のような症状で収まる場合もあり、健康な成人男性であれば1~2日で回復に向かい、後遺症が残ることもありません。

ですが、免疫力が成人よりも弱い乳幼児や高齢者の場合は症状の重症化や長引くこともあり注意が必要といえます。

そして、ノロウイルスで恐ろしいのは激しい嘔吐を引き起こし、その吐瀉物を介して感染を起こすことです。

感染患者の看病や世話をした方が吐瀉物を介して二次感染するケースも多く、適切な処理や消毒を行わないと感染を広めてしまう危険性もあります。

さらにノロウイルスはアルコールに対する耐性をもち、乾燥や酸に強く、水の中でも生存出来るので生命力が非常に強いです。

現在、ノロウイルスに対して効果ある抗ウイルス剤がないため、対症療法しかありません。

そのため乳幼児や高齢者では脱水症状を起こさないためにも水分と栄養補給はしっかりと行いましょう。

脱水症状が酷い場合は病院で輸液を行うなどの治療が必要となります。

市販されている下痢止めはノロウイルスの症状から回復を遅らせるため使用しないことが望まれます。

吐瀉物や次亜塩素酸で消毒し予防していきましょう。

次亜塩素酸はキッチンハイターなどに含まれているので、キッチンハイターを水で希釈して床や壁等拭くことで感染予防にもなります。

一度感染して完治したからといって大丈夫ではないのでしっかりと対策を行いましょう。

 

金町院 門脇

ページトップへ戻る