予防接種|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 予防接種

予防接種

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.02.03

今回は、予防接種についてお話していきます。最近は、インフルエンザが流行り始めていることから予防接種の重要性がわかります。予防接種とは、病気に対する免疫をつけるために抗原物質を投与することです。予防接種をした後いろいろな反応が出る場合があります。熱が出たり気持が悪くなる場合もあります。予防といっても予防接種以外にお家でできるうがい手洗いが必要である。

予防接種の目的)基本的に、伝染病や感染症の予防の為にうつ注射である。注射をしてから効き目が出始めるまで時間がかかるものもあるのでそれ自体も計算しながらやっていく必要があります。

ワクチンについて)これらの症病に対して行こうな手段がワクチンです。詳しく言えばワクチンとは、ウイルスや細菌を精製、加工して、病原性を弱めたりなくしたりして体にとって安全な状態にしたものです。本当に、かかってしまう前にワクチンを接種してその感染症に対する抵抗力を作っていこうということです。

インフルエンザと予防接種)インフルエンザは、だいたい2月初めから毎年流行する傾向にあるとされています。ただ接種するタイミングですが、だいたい3カ月前くらいがよいとされています。インフルエンザはタミフル服用による異常行動、意識障害、興奮等の精神、神経症状が問題になっています。タミフルの投与、服用を避ける為にもなるべく早めにインフルエンザワクチンを接種して予防することをお勧めします。

予防接種の種類)予防接種の種類としましては、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、水痘(みずぼうそう)、A型肝炎、B型肝炎、肺炎球菌、狂犬病、ワイル病等の疾患があります。その他もいろいろありますが、まとめるとやっておくに越したことはないということです。

予防接種の注意事項)規則によると明らかな発熱を呈している者、重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者、アレルギーの疾患、またはアナフィラキシーが検査で明らかになっている者は、不適当と判断され接種できない。また妊娠している者に関しては、予防接種は控えていただくとされています。その他は、心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患及び発育障害等の基礎疾患を有することが、明らかな者、あとは、皮膚疾患、蕁麻疹風疹、アトピー性皮膚炎は控えたほうがいいでしょう。過去にけいれんの経験がある者免疫不全の診断がなされている者もひかえたほうがいいでしょう。全ての病気に言えることですが予防が必要です。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

ページトップへ戻る