骨について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 骨について

骨について

健康の話
2016.02.08

今回は「人間の骨」について書いていきたいと思います。

身近な存在なのに、奥が深い骨。
場所を知ってても、実際触れてみるとズレている。
骨の名前の由来を知り、機能を知り自分の体を健康にしていきましょう。
コツを知りましょう!

通常は人体には、対称・非対称含めて約200個(200から208個・基本的には206個)の骨が存在する。 年齢により癒合の状態が異なり、個人差もある。 種子骨などは骨化の程度に個体差が大きい。 存在する個所から、頭部・体幹・上肢・下肢に分類されます。

1 頭部の骨(head)
2 体幹の骨(thorax)
3 上肢の骨(upper limb)
4 下肢の骨(lower limb)
大きく分けて4つに分類されます。

骨の横に英語を入れさせてもらいます。
英語で読むと意味がわかるものも有りますので!!

語源はラテン語、ギリシャ語が多いです。
英語じゃないですよ!!!!
英語の横の数字は個数です。
頭部の骨(head)
頭蓋骨(ossa cerebralia)
●後頭骨(os occipitale) (1)
ラテン語occiput(後頭)に由来します。
ちなみに後頭骨には大きな大後頭孔(foramen magnum)があり、これも大きいとい う意味のラテン語magnumが由来です。 地震の大きさを示すマグニチュード (magnitude)やお酒や火薬の量(いずれも量が多い)ことを示すマグナム(magnum) も同じ語源から派生しました。

●前頭骨(os frontale) (1)
ラテン語frons(額)に由来。

●側頭骨(os temporale) (2)

●頭頂骨(os parietale) (2)
ラテン語paries(壁、塀)から派生した言葉で、英語のpariesでも構造物を囲む層(もしくは膜)という意味があります。

●蝶形骨(os sphenoidale) (1)
ギリシャ語のスフェーン(楔、くさび)が由来です。蝶形骨は頭蓋底の中央に位置し、前頭骨や側頭骨などあらゆる骨々の間に、まるで楔のようにはまりこんでいるからです。 日本でも昔はこれにならい、楔状骨と呼ばれていましたがそのうち蝶が羽を広げたような骨の形に似ていることから蝶形骨と呼ばれるようになりました。 そして楔状骨の名称は、今は足根骨の中の骨に用いられるようになりました。

●篩骨(os ethmoidale) (1)
耳小骨(ossicula auditus) (3×2)
側頭骨椎体内
槌骨(malleus)
砧骨(incus)
鐙骨(stapes)
顔面骨(ossa faciei)
下鼻甲介(concha nasalis inferior) (2)
涙骨(os lacrimale) (2)
鼻骨(os nasale) (2)
鋤骨(vomer) (1)
上顎骨(maxilla) (2)
口蓋骨(os palaticum) (2)
頬骨(os zygomaticum) (2)
下顎骨(os mandibula) (1)
舌骨(os hyoideum) (1)
体幹の骨(thorax)
脊椎骨
頸椎
胸椎
腰椎
仙椎

上肢の骨(upper limb)
上肢肩甲骨(scapula) (2)
鎖骨(clavicula) (2)
上腕骨(humerus) (2)
前腕骨(ossa antebrachii)
橈骨(radius) (2)
尺骨(ulna) (2)

手根骨(ossa carpi) (8×2)
近位手根骨(ossa carpi proximalia)
舟状骨(os scaphoideum) (2)
月状骨(os lunatum) (2)
三角骨(os triquetrum) (2)
豆状骨(os pisiforme) (2)

遠位手根骨(ossa carpi distalia)
大菱形骨(os trapezium) (2)
小菱形骨(os trapezoideum) (2)
有頭骨(os capitatum) (2)
有鈎骨(os hamatum) (2)
中手骨(ossa metacarpalia) (5×2)
第一中手骨~第五中手骨

指骨(ossa digitorum manus) (14×2)
基節骨(phalanx proximalis)(5×2) 第一指から第五指
中節骨(phalanx media)(4×2) 第二指から第五指
末節骨(phalanx distalis) (5×2) 第一指から第五指
下肢の骨(lower limb)
寛骨→骨盤(os coxae) (2)
坐骨(os ischii) (2)
腸骨(os ilium) (2)
恥骨(os pubis) (2) 成人までに坐骨・腸骨・恥骨の三個が癒合し、寛骨を形成。  仙骨および尾骨と共に骨盤を成す。
大腿骨(femur) (2)
膝蓋骨(patella) (2)
下腿骨(ossa cruris)
脛骨(tibia) (2)
腓骨(fibula) (2)

足根骨(ossa tarsi) (7×2)
近位足根骨(ossa tarsi prozimalia)
距骨(talus) (2)
踵骨(calcaneus) (2)
舟状骨(os naviculare) (2)

遠位足根骨(ossa tarsi distalia)
内側楔状骨(os cuneiforme mediale) (2)
中間楔状骨(os cuneiforme intermedium) (2)
外側楔状骨(os cuneiforme laterale) (2)
立方骨(os cuboideum) (2)
中足骨(ossa metatarsalia) (5×2)
第一中足骨~第五中足骨

趾骨(ossa digitorum pedis) (14×2)
基節骨(phalanx proximalis) (5×2) 第一趾から第五趾
中節骨(phalanx media) (4×2) 第二趾から第五趾
末節骨(phalanx distalis) (5×2) 第一趾から第五趾

金町院 井上

ページトップへ戻る