自宅でのDIY健康診断が命を救う( ゚Д゚)?!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 自宅でのDIY健康診断が命を救う( ゚Д゚)?!

自宅でのDIY健康診断が命を救う( ゚Д゚)?!

Let‘s整骨院
2016.02.09

心臓病から認知症まで、自宅で簡単にできる病気の自己診断テスト(DIY健康診断)をご紹介します。

家にあるもので行え、特別な装置も必要なければ、費用も時間もかからない。

日常の健康管理の一環として、ぜひとも試してみて下さい(*´ω`*)

 

あなたの口臭大丈夫? スプーン1つで口臭チェック!

スプーンで舌の上をできるだけ奥のほうまでこする。

そのあと、ラップなどでスプーンにフタをして、明るいライトの下で1分間待ち、においを嗅ぐ。

そのスプーンの上には、舌の上にある「舌苔(ぜったい)」というものが載っている。

舌苔とは、舌の表面にある突起の隙間に付着した食べカスや、

口内の粘膜細胞などに細菌が繁殖して白っぽくなったものです。

健康的な舌苔(ぜったい)は透明だが、臭いにおいや濁りがあったら注意信号!!

誰かと会話をするとき、知らず知らずのうちに、

口臭で不快な気持ちを与えてしまっているかもしれません。

舌苔は口臭の原因となるが、特に舌の裏は微生物が繁殖しやすいため、口臭の強さの指標になります。

口臭でわかる病気いろいろ

口臭は、人に不快な思いをさせる心配だけが問題なのではない。

口臭の原因の約9割は歯周病、扁桃炎、歯の詰め物が取れた場合や虫歯など、口腔内のトラブル。

さらに、もし変わったにおいがするならば、危険な兆候かもしれません。

フルーティーなにおいは「ケトアシドーシス」という重篤な糖尿病のサインで、

アンモニア臭は腎臓病のサイン、その他の異臭は胃や肺の病気のサインとなることもあります。

時計を描くだけで分かる認知症

紙を1枚用意し、紙の大きさに合うように丸時計を描いてみましょう。

数字も全て記入し、時計の針は3時40分に合わせてください。

たったこれだけで、認知症の診断にとても有効です。

実際にこの検査は病院でも行われており、時計描画試験と呼ばれています。

丸がうまく描けない、数字の順番や配置が間違っている、

1~12までの数字全てが書かれていない、時刻の針が間違っているなど、

時計がうまく描けない場合は、認知症やその前段階である「軽度認識障害(MIC)」の可能性がある。

このテストでは、数字の順番や空間的な配置などの認知機能を使う必要があり、脳の前頭葉という部位が深く関与しています。

お腹の調子が悪い、胸焼け…その原因はゲップで分かる?

ティースプーン1杯の重炭酸ソーダ(重曹)を小さめのコップ1杯の水に溶かして、空腹のときに一気に飲む。

5分以内に大きな生きのいいゲップが出れば、健康的な胃酸レベルの証拠です。

重炭酸ソーダと胃酸が反応することで二酸化炭素が発生して、ゲップが起きるのです。

一方で、生きのいいゲップが出なければ胃酸が減少している可能性があります。

胃酸の減少は40代以降で見られることが多く、食べ物の消化や吸収を悪くしたり、

お腹の調子が悪くなったりします。

また、胃酸が少ないと、逆にそれを補おうとする反応で、特に胃の上部で部分的に胃酸の分泌が多くなる。すると、その一部が食道に流れ込み、胸焼けを起こします。

お腹の調子が悪いとか、胸焼けするからといって、胃酸の分泌を抑制するタイプの胃薬(制酸剤)を服用すると、状態がもっと悪くなるので注意が必要です。

自分では気付きにくい黄斑変性症。交通事故の原因にも

左右の目で片方ずつ約30秒、ドアや窓のフレームを眺めてみましょう。

上下左右のフレームのフチは平行だが、これが曲がって見えたりねじれて見えたり、一部が欠落して見えたりする場合は、「黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)」の可能性があります。

黄斑変性症はものを見るときに最も重要なフィルムの役割をしている網膜の中心部(黄斑)に障害が起こり、視力が低下する病気だ。目の中に蓄積した老廃物などが原因で、加齢とともに増えるという。

この症状により、交通事故の原因にもなりうるため、早めに気付くことが大切です。

ベッドで試せる心疾患チェック

ベッドやソファーに横になり、両足を45度持ち上げて、1分間その姿勢を保持します。

次にベッドやソファーのフチに両足をかけ、直角にだらっと垂らす。

持ち上げている足が青白くなり、足をベッドのフチに垂らしたときに真っ赤になるようだと、動脈閉塞(へいそく)症 の可能性があり、心疾患になるリスクも高いです

手足の末端に十分血液が送られていない証。

高齢になると、手足などの末梢(まっしょう)血管に血液を送っている動脈が狭くなる「末梢動脈疾患」になりやすくなります。動脈硬化によって血管の内側が狭くなると、血液の流れが悪くなる。

しびれや痛みが起こり、悪化すると潰瘍ができたり、壊死(えし)したりすることもあるそうです。

高血圧、高コレステロール、糖尿病などがリスクファクターである。

 

このような自分で行える簡単なテストのメリットは、病気の早期発見につながるという面もあるが、

自分自身の健康状態に興味を持つことができるという点が最も重要なことです。

皆さんも是非試してみて下さい\(^o^)/

 

Let’s整骨院  齋藤

ページトップへ戻る