アレルギー性鼻炎 |葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > アレルギー性鼻炎 

アレルギー性鼻炎 

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.02.17

今回は、アレルギー性鼻炎についてお話していきます。この時期は、花粉症についても気をつけなければなりません。その中で、アレルギー性鼻炎と花粉症を間違えないようにするための二つの違いも認識しておく必要があります。そこでどちらか判断できれば次にアレルギー性鼻炎の症状がどういうものか認識しているのかが必要です。主に症状は鼻漏、鼻閉、くしゃみ、かゆみ、眼症状である。あくまで症状を軽くするものであってアレルギー体質自体を治すことは、難しいとされている。

治療)アレルギーの原因の一つとされているのがハウスダストとされています。その際に、ハウスダストが、人体に及ぼす症状として咳、くしゃみ、鼻水、鼻閉があるとされています。ただそれの対処法として簡単なものは、カーペットを変更するといったことが効果的である。室内を常にきれいにしておくことが、必要です。薬に関しては、飲み薬もありますが、点媚薬の方が効果的とされています。飲み薬は、眠くなることが多いので飲む時間は考えた方がいいでしょう。

手術)レーザー治療、粘膜焼灼術等があります。一昔前までは、選択が限られていましたが、近年はやり方が増え患者様の負担が、少ないものも出てきています。治療の中では、皮膚外用療法という中国においてのやり方もあります。三九灸という治療が行われており、短時間でアレルギー性鼻炎を直すことができるとされています。

小児の鼻炎)小児の慢性鼻炎は、適切な治療を受けないと中耳炎になる可能性もあります。小児の場合は、薬品に対して制限が加わるため、選別が難しいとされています。子供の場合他の病気も併発していることが考えられます。よく言われているのは、小児ぜんそくです。小児ぜんそくに併発するものとしてよく言われるものは、他にアトピー性皮膚炎などが上げられます。昔で言えば対処法として寒風摩擦やプールがいいとされてきました。

その他の原因)その他に考えられるのは、ダニやカビも上げられます。やはりこれも周りを清潔に保つことが必要とされます。常に掃除をやり周りをきれいにする必要があります。花粉症との見分け方ですが、まず時期的なものが一番に考えられます。花粉症は、春先とかものによっては、秋とか気節が限定されているのに対して、アレルギー性鼻炎は、一年中なのでそこが一番の違いです。重なると分かりずらいものがありますがそういう場合は、アレルギー性鼻炎が有力でしょう。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

 

ページトップへ戻る