お肌の乾燥|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > お肌の乾燥

お肌の乾燥

西川整骨院・鍼灸院
2016.03.04

こんばんは 木村です!

 

この冬、木村は常に悩んでいました。

それは・・・

 

お肌の乾燥ッ!!

 

全身脱毛を夏から始めて

初めての冬。

 

今までなかった乾燥と乾燥からくる痒みに

毎日戦っていました。

 

特にひどかったのは、おなか周りの乾燥!

 

本当にひどくて、痒くて粉吹きまくりで・・・。

(-_-;)

 

最初のうちは、お風呂で体を洗った後

すぐにベビーオイルで保湿していたのですが、

それもまた痒くてベタベタで耐え切れず。

 

乾燥の原因の一因として

皮脂分泌量の低下があげられ、

必要な油分まで落としてしまうと余計にひどくなります。

なので、ごしごし洗いすぎもよくないなぁと思い、

せっけん(ちょっと高めの・・・)を

よーーく泡立て、ふわっふわの泡で

優しく手洗いをしていました。

 

が、効かず。

 

乾燥肌は

年齢や環境、体質もあるのでちょびっとがっかりしていました。

 

おまけに、亀有アリ〇で

お顔の乾燥度を測ったら

おでこ・目元・口元全部がマイナス値!!

 

しかも、おでこのしわが目立つし

もういやや~~~

と、投げやりに。。。

 

こうなりゃ、とことん

乾燥肌になる理由をよく知って

対策しようと木村は思い調べました。

 

まず、、皮ふは

・皮脂がつくる皮脂膜

・NMF(天然保湿因子)

・セラミドなどからなる角質細胞間脂質

の3つの物質がバリアを作り、紫外線や

外部物質から肌を守り、肌の内部の水分が蒸発しない

仕組みを作り出しているのです。

 

★皮脂量の低下

皮脂の分泌を促す男性ホルモンが少ない小児や女性、老人では

皮脂量が少なくなり分泌量のピークは男性が30代

女性は20代に迎え、そのあとは減少していきます。

もちろん、血行不良などで代謝が低下すると分泌量は減り

とくに口の周りや目元は少なくなってしまいます。

(このせいで、しわが増えるんです)

 

★NMF(天然保湿因子)の低下

角質細胞内に存在するNMFは

アミノ酸類・乳酸・尿素・クエン酸塩などからなり

水分を抱え込む性質をもっています。NMFによって

細胞内の水分量は保たれるのですが、日焼け・加齢・睡眠不足

ストレスなどで低下をしてしまいます。

 

★角質細胞間脂質の減少

角質細胞をレンガに例えると、レンガとレンガの間にある

セメントの役割をしているので、角質細胞間脂質です。

セメントが足りないと、隙間があき、雨漏りしやすくなるので

バリア機能が低下してしまいます。

角質細胞間脂質はセラミドが大部分を占め、ほかの脂質と一緒に

立体構造となり水を挟み込み保水します。

ちなみに、アトピー性皮膚炎の人は、セラミドが通常よりも

3分の1も少なく、穴が開いている傘をさしているのと同じで

無防備だからいろいろなアレルゲンが肌に侵入されやすいとされているのです。

 

とにかく、保湿要素の約80%を占める

角質細胞間脂質はもっとも重要!!

 

そうなのね!!!

 

ってことで、

患者さんおすすめの亀有アリ〇のショップへ!!

 

とにかく、

保湿力抜群のセラミド配合のください!!

( ^)o(^ )おらにセラミドをッ!!!

 

で、出会ったのが

今使っているボディクリームなのですが、

(もちろんセラミド配合ッ!)

 

お風呂から出た後

やさし~~くやさし~~~く塗布。

 

そしたら、なんとなんと

一日でつるっつるに!!!!

 

今まで使っていた

ニベアやベビーオイルなんて目じゃないくらいの

効果があらわれたのです。

 

いや、これ、ほんとに!

 

メーカーによっては合わないものがあるのですが、

セラミド配合の偉大さにはびっくりしました。

 

それからというものの

お肌に対してすごく敏感になった木村。

 

今までろくなスキンケアをしてこなかったので、

お顔まわりは慎重になりました。

 

お化粧をおとすときから洗顔まで

薬指でふわふわくるくる超低刺激で気を付けて行い

美容液をたっぷりコットンに湿らせて優しくパフパフし

乳液でやさし~く包んでいます。

 

身体もお顔もゴシゴシは本当にダメ!!

 

とにかく保湿・保湿・保湿!

 

ぴちぴちのお肌を保つために努力する決意をする木村なのでした。

 

 

 

ページトップへ戻る