腹痛と対策|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 腹痛と対策

腹痛と対策

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.03.09

今回は、腹痛についてお話していきます。腹痛と言いましてもいろいろな種類があります。精神的な要因が強いものや内臓からくるものいろいろあります。精神的なものからくるものは、神経性大腸炎、神経性胃炎があります。内臓からくるものは、急性胃炎、急性大腸炎などがあります。痛みが強い場合は、虫垂炎、尿管結石などがあります。腹痛の影響で、下痢をしたり便に血が混ざったりする場合もあります。あと考えられるのは、ストレス性の腹痛です。

対策)まず基本的に、食生活を見直すことが重要です。不摂生が一番の要因とされています。あとは、遺伝性の体質も関係していると考えられます。食事自体の塩分を控えることと味を薄くする必要があります。夜食事をする際もあまり遅くならないように気をつけなければなりません。消化不良を起こしてしまう場合が多々あります。食事で気をつけなければならないのは、いわゆるジャンクフードの多量摂取があげられます。

経過)腹痛と言ってそのままにしておくとあまりよくない状態になることもあります。危険なのは沢山ありますがその中でも怖いのは、腹膜炎です。そのままにしておくと命の危険も危なくなる場合もあります。

腹痛のメカニズム)腹痛で間違え易いもので代表的なものは、虫垂炎です。場所が大腸に近いことから急性大腸炎と間違えることが多々あります。場所に関してですが虫垂炎の方が若干下にあるようです。

悪心、嘔吐)間違え易い中で悪心、嘔吐もあります。これは、脳からきている場合もあります。内臓からきているものか脳からきているものか判別が難しいです。あとは、病院でしっかり検査してもらうとは、思うのですが、二十四時間で摂取した食物も調べられると思います。

消化管出血)腹痛が起きる際に気をつけなければならないものが、吐血です。吐血の際にそれが内臓からきているものかのどからきているものかの判別も難しいです。内臓の中でもどの場所の問題なのかそれも問題になってきます。なるべく腹部に異常がある場合は早めに病院にいくことが得策でしょう。

沈黙の臓器)腹部とは、少し離れますが肝臓も重要になっていきます。肝臓は、血液を精製する役割があるので肝臓は大事にするべきです。

腹痛の種類)腹痛の状態にも種類があります。激痛が走りのたうちまわる場合もあります。それとは別に鈍痛が続く場合もあります。楽だからほっておくのではなく症状が続くのであればすぐ専門医にいくべきでしょう。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

 

 

 

 

ページトップへ戻る