東洋医学・・・|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 東洋医学・・・

東洋医学・・・

健康の話
2016.03.11

ではありません!!

こんにちは西川の渡辺です。

5年前の今日は皆さん何をしていましたか?

ラジオやらテレビやらでしきりに放送されていますが、東北震災から丸々5年が経ちました。

そこで今回は今一度地震に対して考えたいと思います。

先ずは普段の備えが大事になってきます

■物の備え

・食品(水、レトルト食品、缶詰、加熱しない食べ物、菓子類、栄養補助食品、調味料など)

・生活用品(生活用水、カイロ、ペーパー類、ライター、ゴミ袋、懐中電灯、乾電池、携帯電話のバッテリー、簡易トイレなど)

が必要になってきますが、特に重要なものは・・・

水、簡易トイレ、充電式などのラジオ、カセットコンロ・ガスボンベ、懐中電灯、ビニール袋、常備薬、乾電池、食品包装用ラップが重宝されるようです!!

■室内の備え

・なるべく部屋に物を置かない。特に高い所に物を置くと落下する可能性が高く危険です。

・避難経路確保のレイアウト。避難できるルートが塞がれない様に気を付けて物を配置しましょう。

・火災などの2次災害を防ぐ。家具類が火の元の近くに置かないように気をつけましょう。

・家具の転倒防止のために突っ張り棒やストッパー、L型金具でネジ止めするなど家具が倒れない工夫をしていきましょう。

■室外の備え

・居住地域を知る。家の周りの地形や地質、危険な場所などを確認してみてください。

・避難先を確認する。自宅や会社などの一時集合場所や避難場所、避難所がどこにあるのか確認してみて下さい。

■コミュニケーションという備え

・家族会議を開きましょう。家族の役割分担や災害時の緊急連絡方法や集合場所を決めておくのも良いでしょう。

・防災ネットワーク。日頃からご近所さんにあいさつをしたり要配慮者の方の情報を把握したりしておきましょう。

 

そして地震発生の瞬間は適切な判断が難しくなります。先ずは最優先で自分の命を守ってください!!

その後、揺れが収まってから行動して下さい。しかし、慌てて外に出たりすると転倒や落下物、ガラスの破片などケガの原因になりますので注意しましょう。

次に火元を確認し出火している場合は落ち着いて初期消火をして下さい。そして、出口の確保も大事になってきます!部屋の窓や、玄関のドアなど出口も確保しましょう!!

そして外に出歩く際は塀など崩れそうなところの近くは通らず少しでも安全なところを歩いて下さい。

このように簡単に書かせていただきましたが、実際に災害に遭った際はすごく焦ってしまうと思います。普段の生活の中で考えていくように心掛けましょう。

命あっての健康ですからね。。。

それではまたの機会にm(__)m

ページトップへ戻る