股関節の症状 その1|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 股関節の症状 その1

股関節の症状 その1

健康の話
2016.03.14

女性の方の多くが抱える痛みの一つに股関節の疾患があります。今回はこちらについてのお話です。
原因

股関節症は、関節の痛みと機能障害が主な原因になります。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。
関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。
一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

原因病態

股関節痛を引き起こす疾患で最も多いのは、変形性股関節症ですが、その他にもいろいろな疾患があります。
• 変形性股関節症
• 先天性股関節脱臼(成人・乳児)
• 臼蓋形成不全症
• 外反股
• ペルテス病(子供特有の病気)
• 大腿骨頭すべり症
• 弾発股
• 大腿骨頸部壊死
• 特発性大腿骨頭壊死
• 恥骨骨炎(グロインペイン症候群)
• 仙腸関節の疾患
• 股関節頸部骨折
• 股関節捻挫
など。

診断

診断は上記の症状がある場合、単純X線(レントゲン)写真を撮って確定します。
ごく初め(前期関節症)では関節がきゃしゃであったり変形しているだけですが、関節症がすすんで初期関節症になると、関節の隙間が狭くなったり(軟骨の厚さが薄くなる)、軟骨下骨が硬くなったり(骨硬化)します。
さらに進行期関節症、末期関節症となると、関節の中や周囲に骨棘とよばれる異常な骨組織が形成されたり、骨嚢胞と呼ばれる骨の空洞ができたりします。
最終的には体重がかかる部分(荷重部)の関節軟骨は消失し、その下にある軟骨下骨が露出します。

問診や診察などのあとで、股関節の可動域制限やX線写真をみて診断します。
必要に応じてCTとMRIなどの検査を行います。

股関節は、人体のなかで一番大きい関節です。
頭・首・肩・上肢・胴体・骨盤など重みを受けとめ、なおかつ、大きな動きをする関節で、全身の要でもあります。
股関節は骨盤とつながり、骨盤は脊柱(腰椎・胸椎・頚椎)とつながっていますから、体のどこかに歪みがあると、股関節に負担をかける結果となるのです。
股関節の痛みは、股関節にあるのではなく、 原因は他にあって、たまたま股関節に不具合(しわ寄せ)がきたただけです。
ですから、股関節の痛みを改善するには、全身の調整が必要です。

また、スポーツをしていて股関節を痛める人が多いですが、歪みのせいで正しいフォームが取れない状態で繰り返し運動を行うためだと考えられます。

次回は股関節の体操を紹介したいと思います。

金町院 中山

ページトップへ戻る