時に天気予報より正確|д゚)??|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 時に天気予報より正確|д゚)??

時に天気予報より正確|д゚)??

Let‘s整骨院
2016.03.22

「天気痛」に見る天気と人体の密接な関係知人に( ゚Д゚)!?

「今日は午後から雨になるから、傘を持って行ったほうがいいよ」と言われて空を見ると、

雲ひとつない青空が広がっている。

天気予報を見ても晴れマークばかり。雨が降るとはとても思えないので、傘を持って出なかった。

ところが、知人の天気予報は大当たり。

大雨に見舞われ、びしょぬれになって帰宅する羽目になったことがある。

あとで聞いたら「むち打ちの後遺症で、首が重くてだるいと雨が降る」と教えてくれた。

 

意外に多い「天気によって痛みが出る”天気痛”」

ほかにも、「天気の悪い日は捻挫の跡が痛む」、「曇りの日は関節が痛む」などという人がいます。

高齢者のなかには、曇りや雨のときには足腰が痛んで力が入らなくなるという人もいるほどです。

天候(気象)の変化は、私たちの体に大きな影響を与えます

症状の出方は人それぞれだが、その症状の総称は「気象病」と呼ばれるもの。

そのうち天気によって痛みが強くなるものを「天気痛」といいます。(※1)。

なぜ、天気で痛みが増すのだろうか。また、それを防ぐ方法はないものだろうか?

天気が痛みを強くするのはなぜ? 原因に迫る

気象病の研究者である佐藤純医師の報告によると、天候による気温と気圧の変化は、

人間の体を調節している自律神経に大きな影響を与えているのだという。

自律神経には、体を活性化させる交感神経と、リラックスさせる副交感神経があり、

交互に作用することで、血流や発汗、内臓のはたらきなどの体の調節を行っています。

人はストレスを感じると、交感神経が優位にはたらき、興奮状態になる。

血圧が上がり脈拍は早まり、気分が落ち着かなくなって不調を感じる。

そして痛覚に作用して、慢性的な痛みを強める。ストレスの多い人が、肩こりや頭痛、

腰痛に悩まされることが多いのは、そのためなのです。

天候による気温と気圧の変化は、人体にストレスを与えるため、交感神経が興奮する。

そのつながりで、慢性的な痛みである古傷や関節炎の痛みが強くなるというわけなんです!

天気痛を予防するリラックス法 鍵は副交感神経

天気痛の原因は交感神経なので、交感神経と反対の作用を持つ副交感神経を刺激すると、天気痛が軽くなる

副交感神経が優位になるのは、リラックスできる環境だ。

リラックスした状態での休息は、痛みの感覚を和らげてくれる。

・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
38度程度のぬるめのお風呂に15分ほどつかると、副交感神経が刺激されてゆっくりと血管が広がる。血の巡りがよくなって、リラックス効果がより高くなる。

・寝室を暗くする
就寝時だけでなく、お風呂から上がって眠る前には、事前に室内を薄暗くする。50ルクス以下(廊下などで必要とされる程度の明るさ)にすると、気持ちが落ち着いて眠りに入りやすい(※2)。

・腹式呼吸をする
腹式呼吸をすると、副交感神経を刺激して気分が落ち着く。「いーち、にー、さーん」のリズムで口から息を吐き、同じリズムで鼻から息を吸う。これを5~10分間繰り返す。不安や日中にあった嫌なことなど、少しネガティブな考えが浮かんでも、数を数えることに集中するのがポイントだ。

・朝はいつも通りに起きて、朝食を食べる
天気痛があると、体がだるくて起きにくいが、いつもの時間に起きてカーテンを開けて目を覚ます。朝食も温かいものをしっかり食べて、一日のエネルギーを補給しよう。

メリハリのある規則正しい生活をすると、自律神経が正常にはたらいて天気痛が軽くなる。

天気痛から解放されるために

時に気象予報士よりも正確に天気を当てる天気痛。

周囲の人は助かるかもしれないが、本人はつらいはず。

規則正しい生活リズムと十分な休息をとって、

自律神経の過剰な興奮を抑え、天気痛を軽くしましょう。

それで天気予想ができなくなったとしても、

痛みから解放されるほうがよほどいいに違いない!!!!

 

Let’s整骨院 齋藤

ページトップへ戻る