アニマルセラピーについて☆|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > アニマルセラピーについて☆

アニマルセラピーについて☆

西川整骨院・鍼灸院
2016.03.25
画像

こんばんは!西川の木村です☆

お久しぶりです\(^o^)/

 

先日、フクロウをみてきました^^☆

とにかく!かわいかったですし、微妙に怖い感じと臭い感じでしたが

わりと癒されて帰ってきました(^。^)y-.。o○

 

最近、スーパー銭湯に行ったり、そういう癒しを求める傾向に

なってきた私です。

 

今日は、アニマルセラピーについて

しらべてみようと思います☆

 

ペットの犬や猫と一緒にいると、なんとなく穏やかな気持ちになる。

イルカと一緒に泳ぐと癒される…。昨今マスコミでも注目されている「アニマルセラピー」

直訳すると「動物介在療法」のことで、

広い意味では動物との関わりが人間の健康の質を向上させる場合を指す。

日本では「ペットセラピー」と呼ばれることもあるが、

厳密に言えばアニマルセラピーにはきちんとした定義がある。

 

 
<<治療プログラムとしてのアニマルセラピーの対象者>>
子ども 一人っ子、不登校、精神的・身体的・性的虐待児、親がいない子どもなど
高齢者 独居、老人ホームなど
終末期医療 がん、エイズ患者など
後天的慢性疾患 事故や病気など
先天的慢性疾患 精神遅滞、ダウン症、自閉症、脳性マヒなど
身体機能障害者 視覚・聴覚・言語障害者、手足の不自由な人、てんかん患者など
犯罪傾向にある人 囚人、医療刑務所など
精神障害者 認知症、精神分裂病、躁うつ病など

(参考:「アニマルセラピーとは何か 横山章光著 NHKブックス」

 

アニマルセラピーの中で最も長い歴史を持つのが「乗馬療法」

一説には古代ローマ帝国時代にまで起源をさかのぼり、

戦争で傷ついた兵士たちのリハビリに乗馬が用いられていたという。

19世紀にはパリで乗馬がマヒを伴う神経障害に有効な療法であるという報告がなされ、

それ以来治療法のひとつとして意識的に用いられるようになった。

現在では乗馬療法は完成された治療システムとして考えられ、

アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストリア、日本など世界各国で主に

身体的なリハビリを中心に治療に活かされている。

盲導犬の歴史も古く、紀元前100年にさかのぼると言われ、

盲目のドイツ王が盲導犬を所有していたことが古文書に記されている。

ポンペイの壁画や13世紀の中国の絵巻物にも盲導犬の記述がみられる。

1916年、ドイツで第一次世界大戦で失明した軍人のために

盲導犬訓練が組織化されるとアメリカやヨーロッパ各国にも広がり、

日本でも1957年に国産第一号の盲導犬が誕生している。

療養施設において治療目的で動物が導入されたのは

18世紀末のイギリスのヨーク収容所に始まる。

ヨーク収容所は精神障害者の収容施設で、

自分をコントロールするために動物の世話が導入されたという。

その後今日に至るまで人間と動物の健康に関する研究が進められ、

現在では世界規模の国際学会も開かれている。

 

1413

 

 

 

 

 

 

 

 

111112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から、馬も犬もみんな人間を癒してきたんですね。。。

 

人間は贅沢ですね!

 

馬や犬や猫やフクロウや

人間以外は、どこ癒しを求めるんでしょうか(笑)

 

ページトップへ戻る