0カロリー食品や飲料について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 0カロリー食品や飲料について

0カロリー食品や飲料について

健康の話
2016.04.04

先日、TBS「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」で「健康の常識ウソ・ホント」をやっていました。
正しいと思っていたことが実は間違えだった!?
ほとんどどっかで聞いたことのある常識だと思っていたことが、大きな間違えだっ
たという驚きの事実が数々紹介されました。
とても良い内容なので紹介したいと思います。

①「ゼロカロリーは太らない」のは間違い?

●ゼロカロリーの食品とは?
「100㎖あたりのエネルギーが0~5キロカロリー」

●糖類ゼロは
「100㎖あたりの糖類が0.5g未満」

例:コカ・コーラゼロ、 アクエリアス ゼロ
あめ玉、寒天、麺、チョコレート、ビールなどなど

ゼロカロリーや糖質ゼロに含まれているのは人工甘味料です。
※人工甘味料といっても種類や原料によって危険性は異なるので注意
a)合成甘味料

人工甘味料の一種で、人為的に化学合成された甘みのある物質(甘味料)のこと。
砂糖より低カロリー、低価格、などの特徴がある。

狭義の意味の人工甘味料は合成甘味料と同義で使われることがあります。

サッカリン、スクラロース、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、ネオテーム、アドバンテームなどがあります。
これらの6種は、FDA(アメリカ食品医薬品局)および厚生労働省が認可しています。

b)糖アルコール

キシリトール、ソルビトール、エリスリトール、マルチトール、ラクチトールなどがあります。

キシリトールは野菜や果物などに、ソルビトールはプルーン、ナシ、リンゴなどに、
エリスリトールは果実、花の蜜などにそれぞれ含まれています。

マルチトール、ラクチトールもそれぞれ麦芽糖、乳糖を原料としています。

自然界に存在するものなので、糖アルコールは合成甘味料には分類されません。

糖アルコールの安全性は確立しています。

糖アルコールの中でエリスリトールだけは、血糖値を上昇させず、カロリーもゼロです。

糖アルコールのカロリーですが、欧州連合 (EU) では、エリスリトール以外のすべての糖アルコールに対し一律に 2.4 kcal/g という値を表示することが義務付けられているようです。
ゼロカロリーの清涼飲料水やスポーツドリンクは言うに及ばず、「ゼロカロリーきなこもち」に「ゼロカロリーあんみつ」「ゼロカロリーゼリー」などと、スーパーやコンビニを一回りしただけで、ゼロカロリー商品の多さに驚く。しかし、「ゼロカロリーだから大丈夫、太らない」と思っているなら、それはもはや非常識になりつつあります。

そもそも、カロリーゼロという表示は、含有カロリーがゼロということを意味しているわけではない。栄養表示基準では、食品で100グラム当たり5kcalまで、飲料では100ml当たり5kcalの範囲なら、「ゼロ」「フリー」「レス」「無」「ノン」などのまったくカロリーが含まれていないような表現が許されている。つまり、ゼロカロリーの清涼飲料水500mlには24kcal程度のカロリーが含まれている可能性さえある。カロリーが皆無だと思って、これらの飲料のカブ飲みしてしまうと、知らぬうちに相当なカロリーを摂取してしまうわけだ。

ゼロカロリーや糖類ゼロに含まれているのは、人工甘味料です。
なぜゼロカロリーでも甘いのかというと、「人工甘味料」を使用しているためです!
人工甘味料=スクラロースは一般的な砂糖が原料ですが、実は砂糖の600倍の甘さなんです。
砂糖と違って、スクラロースは体内で代謝されず排出されるのですが・・

強い甘味のある人工甘味料をとっていると脳が刺激されてより甘い物が欲しくなってしまうため、結果的にとりすぎてしまい肥満の原因になってしまうのです。

アメリカの実験で分かったのがゼロカロリー飲料を毎日飲んでいる人は飲んでいない人に比べ
○メタボになるリスクが3割以上
○2型糖尿病のリスクが6割以上も高くなる!

ゼロカロリー食品の問題の深刻さは、むしろそこに含まれている低カロリーの人工甘味料が体に与える影響のすごさです。日本で使われている人工甘味料は「アスパルテーム」「アセスルファムカリウム」「スクラロース」「ネオテーム」などがあるが、いずれも比較的新しく商品化されたものだ。かつて日本で大量に使われていた「サッカリン」は発がん性の有無をめぐり紆余曲折の末に制限付きで使用が認可されたほか、「ズルチン」は中毒性、発がん性、肝機能への障害などを理由に、「チクロ」も発がん性、催奇形性を理由に使用は禁止されている。
現在使われている人工甘味料は使用が認められてからの期間が短く、その影響がすべて解明されているわけではないが、すでに注目すべき研究レポートが多く出されているそうです。

アスパルテームは、数ある人工甘味料の中でも断トツに世界で一番普及しているそうです。

アスパルテームの副作用
失明 視野狭窄や目のかすみなど、他の障害
閃光視、汚れのような線が見える、視野狭窄
眼球突出 耳鳴り 騒音への耐性減衰
著しい聴力減退 てんかん発作
頭痛、 偏頭痛 、強い頭痛
めまい、動揺、不安
物忘れ 眠気 手足の感覚麻痺
言葉の不明瞭さ
多動症、ひどい震え
強度の鬱 不安 性格の変化 不眠
動悸 頻脈 息切れ 高血圧
むかつき 下痢、血便
腹痛  口唇のかぶれ
じんましん
ぜんそく、呼吸器アレルギー
血糖値のコントロール機能低下(糖尿病)
月経不順  著しい痩せ、あるいは抜け毛
著しい体重減少
体重漸増 低血糖(症)
のどの渇き、 足のはれ、むくみ
低カロリーと思い油断してはダメですね><
ですが、ゼロカロリー自体は全く関係は無く
逆に血糖値が高い方は血糖が上がりにくいそうです。
上手に置き換えればダイエットの味方にもなります★

金町院 井上

ページトップへ戻る