インナーマッスル|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 鍛えようインナーマッスル

鍛えようインナーマッスル

亀有南口分院
2016.04.09

こんにちは南口院はらだです(/・ω・)/

みなさんはインナーマッスルって聞いたことがありますか?

インナーマッスルとは身体の奥にある筋肉のことで、骨や関節、内臓を支えています。

身体の土台となる重要な筋肉なのですが、奥にあるため自分だけで鍛えるのはなかなかに難しい筋肉なんです。

本気で鍛えようと思ったら専門のトレーナーさんにマンツーマンで教えてもらったりしないといけません。

 

ところがうちにある「楽トレ」という機械では30分間横になっているだけでこのインナーマッスルを鍛えることが出来るんです!!

 

★じゃあ楽トレってなに?

インナーマッスルを鍛える「らくらくトレーニング」という機械の略称で、正式には複合高周波EMSという名前です。30分間で9000回の筋収縮運動ができます。

 

★複合高周波?

色々な種類の周波を組み合わせることによって、浅いところの筋肉も深いところの筋肉も鍛えることができる電気のことです。

 

★EMSって?

E(エレクトリカル)電気的

M(マッスル)筋肉

S(スティムレーション)刺激

 

★いつも整骨院でやってる電気とは違うの?

普段私たちが治療に使っている電気は低周波・干渉波というものです。この二つは通電時の波形が一定なため、長時間やりすぎると筋肉が固まってしまいます。なので筋肉がほぐれやすくなるように短時間での施術になります。

楽トレの波形は複数の周波(低周波を高周波で包み込む)を組み合わせた複合高周波のため、不規則な動きで筋肉を刺激し、30分間続けて刺激することによって筋肉の柔軟性を高めることができます。

また、通電の深さが低周波だと2~3ミリ、干渉波だと3センチほどの比較的浅い層にしか作用しないため、皮膚抵抗によってピリピリとした違和感を感じやすいという特徴があります。

楽トレの複合高周波は不規則な動きで深部の筋肉にまで作用するため、深さ15センチ以上まで届きすべてのインナーマッスルにアプローチできます。身体の奥に響かせることができるので、皮膚抵抗はほぼ感じません。

 

★そんなに強い刺激、身体に悪いんじゃないの?

楽トレで身体に悪影響を及ぼすことはありませんが、心疾患や妊娠中など一部の方にはご使用できない場合があります。詳しい内容はお問い合わせください。

 

★じゃあ、どれくらいやればいいの?

人によって1回2回で効果が実感できる方もいます。が、一度鍛えた筋肉は72時間で元に戻ってしまうのでまずは間を開けずに4回やると何らかの形で変化が現れます。トレーニングとして考えると週に2~3回程度で3カ月ほど続ければ筋肉がしっかりと定着します。

 

★ダイエットにも効く?

楽トレだけで体重は落ちませんが、インナーマッスルを鍛えることによって脂肪燃焼効率が上がり新陳代謝がよくなるので、運動と組み合わせて利用することによって引き締まった身体になります。

 

★痛みにも効く?

筋肉などが冷えて固まり、血流の低下などが原因でおこる痛みには効果的です。インナーマッスルを鍛える過程で固くなった筋肉がほぐれ血行を促進するので、深部のコリが原因の辛さなどにもおすすめです。

 

百聞は一見に如かず、まずは試しにやってみてください。

南口院では今月に限り無料お試しキャンペーンを実施中です♪

ページトップへ戻る