サウナの効能|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > サウナの効能

サウナの効能

健康の話
2016.05.05
画像

健康にはサウナが良いと言われていますが、ぱっと思いつくのは

汗をかくことによるダイエット効果や、デトックスによる美容効果などでしょうか?

でも実際のところはどうなのでしょうか?

◆サウナの効果・効能◆

サウナの効果といえば一番に思い浮かぶのはダイエット効果じゃないでしょうか?

ダイエット効果については、サウナに入ったあとに体重が減った方も多いそうです。

しかし実際は、汗をかいた分が軽くなっただけ・・・

つまり体の水分が減っただけなので、水分補給してしまえば元通りなのです。

サウナによるダイエット効果というのは残念ながら間違いなのです。

 

ただサウナに入るのを習慣づけることで血液循環がよくなって

「痩せやすいからだ」をつくることができます。

これはサウナの美容効果にも言えることで

・血液の循環がよくなるから老廃物がたまりにくくなる

・汗をかくことで老廃物を流し出してくれる

 

これによって肌のターンオーバーが促進されてきれいになるそうです。

これがサウナは美容にも良いとされている理由です。

そして意外と知られていないのが安眠効果です。

不眠や眠りが浅いなどの悩みには低温のサウナがおすすめで緊張を和らげたり

神経を落ち着かせてくれるので効果的なのです。

◆効果的な入り方や時間◆

サウナに入る前に体はきれいに洗っておきましょう。

汚れで汗腺がふさがっているとせっかくのサウナ効果が半減してしまいます。

体がぬれていたらタオルで水分を拭き取ってから入り、サウナに10~15分くらい入ったら

一度外へ出て体を休めましょう。

汗が引いたらまた入るというのを3~4回繰り返してしっかり体を温めます。

間に水風呂に入ると新陳代謝がよくなって冷え性改善になり、毛穴の引き締め・美肌効果も期待できます。

サウナから上がったらしっかり水分補給をしましょう。

◆サウナと温泉やお風呂との違い◆

今までお伝えしてきた中で、疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

・温まることで血液の循環がよくなる

・汗をかいて老廃物を流す

「これってお風呂でも効果は同じではないのかな?」と。

サウナと温泉やお風呂との違いは、まずサウナは水圧がかからないという点です。

水圧がかからない分、心臓への負担が少なくなります。

そしてもう一つは温度による違いです。

お風呂は熱くても42℃~43℃です。サウナは80℃、90℃~100℃くらい。

高温のサウナ内では体があたたまるのはもちろん、呼吸することで体の内側から暖めることができます。

 

サウナの方が内側からしっかり暖まるのでデトックス効果や冷え性改善には効果がありますが

体調が悪いときや心臓疾患などの持病がある場合は注意が必要です。

どちらが良い悪いということではなく、体調や気分によって使い分けることで気分転換、リフレッシュにもなります。

皆様もぜひお試しください。

南千住院 本間

 

 

 

 

ページトップへ戻る