顎関節症について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 顎関節症について

顎関節症について

Let‘s整骨院
2016.07.19

「顎関節症」という名称を聞いたことはあるでしょうか?口を開閉する際に動く顎の関節に何らかの異常が起きると、顎の関節周辺の筋肉や靭帯に悪影響を及ぼします。すると、顎の関節や噛む時に使われる筋肉に痛みが出る、口の開閉がスムーズに出来ない、口の開閉で音がするなどの症状が出てきます。 口の開閉で骨がきしむ音やガクン、コキッといった音が耳付近で感じるのは、顎の関節が耳に近い位置にあるからです。こうした顎の不快な症状は、1つだけではなく、複数の症状を同時に感じることもあり「顎関節症」としてまとめられています。さらに、顎関節の不調が他の部分へ悪影響を与えることがあります。

!顎関節症危険度チェック!

□ 朝目覚めると歯を食いしばっていたような違和感が残っている
□ 就寝中、歯ぎしりをしているようだ
□ 鏡の前でゆっくり口を開けてみると、下の顎が左右にズレながら開く
□ 顎が痛んだり、口の開閉で音が鳴る
□ かみあわせに違和感がある
□ 食事中に自分の舌や頬の内側を噛んでしまうことがある
□ 食事は片側で噛むクセがある
□ 力仕事や歯をくいしばるスポーツをしている

あてはまる項目が1つくらいなら大丈夫!と思うかもしれませんが、残念ながらそうではありません。あてはまる項目数が多いほど、顎関節への負担が大きくなっていると予想されるのです。しかしチェックが1つでも、顎関節への負担はかかっている可能性があるため、当てはまる項目はゼロであることが理想です。

顎関節の不調によって肩こり、頭痛が悪化する理由のひとつに、食事で使われる筋肉の影響が考えられます。噛むときに使われる筋肉の1つは、頬にあります。

右の手のひらで右頬を、左の手のひらで左頬を触り、顔を両手で挟んだ状態で歯をくいしばってみましょう。ポコッと膨らみませんか? これが、噛む時に使われる筋肉です。もう1つ、頭部の横側にも噛む時に使われる筋肉があり、この2つの筋肉が、顎関節症の場合に緊張して硬くなり痛みを出しやすいのです。

顎関節に異常が出る原因は様々なのですが、顎関節を動かす際に使われる筋肉の左右差を減らすように心がけることが、顎関節症の予防になります。生活習慣の影響は大きいのです。

例えば、ストレス状態に長期間さらされている人。仕事が多忙・家庭での悩み・眠りが浅いなど、疲労が抜けずストレスが続くと、無意識のうちに歯をくいしばっていたり、肩の力が抜けなくなっていたりします。就寝中の歯ぎしりの原因にもなり、顎関節への負担が増えるかもしれません。

ストレスフリーの生活は難しいかもしれませんが、心身のリラックスが促されるように日常生活を見直すことで、顎関節症からの肩こり、頭痛を予防することができればと思います。

顎関節の負担を減らす5つのポイント

①意識的に肩をリラックスさせる
両肩を3秒間すくめて、スッと脱力しましょう。5回ほど繰り返します。

②顎を突き出すような姿勢を避ける
顔と体を正面に向けたまま、左右の肩甲骨を背骨へ寄せるように動かし3秒間キープし脱力しましょう。5回ほど繰り返します。
③歯並びや顎の不調が気になったら受診する

④片側ばかりで咀嚼しないようにする

⑤大きな口を開けない

 

Let’s整骨院 江原

ページトップへ戻る