フライパン|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > フライパン

フライパン

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.07.27

こんにちは。突然ですが皆さんのおうちにフライパンありますよね?

どんなのお使いでしょうか?鉄、セラミック、チタン、アルミとか色々でてますよね。

どれも一長一短あって扱いが難しかったりして。

そんな我が家はすべて便利なフッ素加工のフライパンなのですが

耐久性が短く1~2年使っているとこびりつくようになり使いづらいったら( ノД`)シクシク…

あれってついつい強火にしてしまう為、だめになるそうです。

あくまで中火以下でつかうものなんですって。

フッ素樹脂加工フライパンの一番の懸念は、高温で熱した時の熱分解や有毒ガスです。

フッ素樹脂加工は表面温度が260度以上で劣化が始まり、400度前後で熱分解がおこり、有毒ガスが発生し始めると言われています。

フッ素樹脂加工はフッ素樹脂PTFEだけでなく、フッ素樹脂を接着させるために使用される化学物質PFOAにつても発がん性や奇形への影響が指摘されているため、熱分解され、食材に溶け込むのはとても危険です。

また、400度以上で発生する有毒ガスには、とても猛毒なガスも含まれており、近くにいた鳥が死んでしまったという実験もあるくらいです。

しかも、怖いのが発生する有毒ガスは無色無臭であるということ。いつの間にか有毒ガスが発生していても、気づかないことになります。

などという情報があり気になりますが使用方法をキチンとしていれば安心です。

○ フライパンの空焚きをしないように気をつける。
○ 水分を飛ばすためなどの空焚きは慎む。
○ 空焚き状態となってしまったら、気づいた時点ですぐに火を止め、窓をあけて、空気を入れ替える。
○ 体に異常を感じた場合は、医師に相談する

などですね。

うちにたまった買い直し予定の4個のフライパン。

捨てるのも面倒だなと思っていたらフッ素加工の再生をしてくれる工場

を見つけ先週だしてみました。買うより断然安いです。

ついでにエコ!!

出来上がりまで1か月かかるそうですが楽しみです。

今度はちゃんと使って少しでも長く使いたいもんです。

 

オレンジ堂 横山

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る