中性脂肪を減らしたい!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 中性脂肪???

中性脂肪???

Let‘s整骨院
2016.08.02

こんにちわ!木村ベイマックスです。

この間、健康診断がありました。

どんな結果が来るか心配です。

その健康診断のなかに血液検査ってありますよね?

ある患者様も健康診断を受けられたようで「中性脂肪」という項目があったんだそうです。

その方に「中性脂肪ってなに?」と聞かれたんですが、答えられませんでした。

患者様に聞かれて答えられなかった「中性脂肪」なんですが、
いったいどんなものなんでしょうか?

 

中性脂肪

中性脂肪とは、脂肪細胞に蓄えられているエネルギーの元で、
必要に応じて脂肪酸に変化し、エネルギーとして使われます。

脂肪酸はすぐにエネルギーにすることができ、
中性脂肪は貯蓄用エネルギーなので、
脂肪酸に変化させてからでないと
エネルギーにすることができません。

中性脂肪は生命維持のために必要なものではありますが、
ため込みすぎてしまうと、肥満の元になるだけでなく、
善玉コレステロールを減らしてしまい、
悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

そうなると、血管にコレステロールが付着したり、
血がドロドロになってしまい、
高脂血症や動脈硬化の原因となってしまいます。

 

炭水化物

では、中性脂肪はどのように作られ、
体内にため込まれてしまうのでしょうか?

中性脂肪ができるのには2つのルートがあり、
1つはリパーゼが小腸で脂肪を消化し、
中性脂肪として体内に取り込まれるルート、
そして、炭水化物がエネルギーとして消化され、
その残りが肝臓で中性脂肪に変換されて
体内に取り込まれるルートがあります。

中性脂肪というと脂質の摂取しすぎを疑いますが、
実は、中性脂肪は、精製された炭水化物から
作られることが一番多いと言われています。

「精製された炭水化物」とは、
白米・白パン・麺類・菓子パン・ケーキ
清涼飲料水・アルコールなどを指します。

このようなものを摂取しすぎてしまうと、
体内に中性脂肪として貯蔵されてしまい、
中性脂肪の値が上がってしまうのです。

 

中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らすには、
中性脂肪を増やしてしまう原因となるものの摂取を
控えることです。

先ほど述べた「精製された炭水化物」を
たくさん摂取してしまっているのであれば、
それを控えることを考えてみてはどうでしょうか?

パンや白米は、毎日の食事には欠かせないので、
食べ過ぎないように気を付ける程度で問題ないですが、
菓子パンやお菓子類、ジュース類やアルコールなどは、
摂取量を減らしていくことが望ましいと言えます。

また、中性脂肪を減らす役割をもつ、
「オメガ3脂肪酸」の摂取
積極的に行っていくと良いでしょう。

「オメガ3脂肪酸」は主に青魚や
くるみなどに含まれているので、
肉ばかり食べているのであれば、
魚を積極的に食べるようにするようにすると
良いのかもしれません。

このように、中性脂肪を減らすには
日頃の食生活内容を気を付ける事が大切なのです。

患者様にもお話してみます。

木村ベイマックスでした!

ページトップへ戻る