検索キーワード 白目 ぶよぶよ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 検索キーワード 白目 ぶよぶよ

検索キーワード 白目 ぶよぶよ

健康の話
2016.08.12

こんばんは!

プールで走りすぎて筋肉痛の木村です!

 

プールとかお出かけの際は

もう29になるっているのに、割とカラコンが多いのですが

カラコンを長時間つけていると目が痛くなるし、乾くし

やんなっちゃいますよね。。。

 

んまぁ~~

カラコンに限らず、普通のコンタクトでも私はカラカラからのごろごろで

ずきずきになったりするので、メガネと交互に使用しています。

カラカラになっても頑張ってコンタクトを使用するのですが、

3日に1回はメガネの日を作らないと目がかなり消耗されるのです。

 

じゃあ、毎日メガネでいいんじゃないの?と思っているあなた

 

ダメなんです。

ひまわり堂はメガネ率が高いので区別がつかなくなるんです。

 

(笑)

 

そんな話はさておき・・・

 

みなさん、長時間コンタクトをしていて、とった後に

白目がぶよぶよしてた。。。などという経験はありませんか??

 

私は実はしょっちゅうブヨブヨしているんですよ・・・(-_-;)

 

そのブヨブヨの原因はなにか・・・

と、思って今日はそれを調べてみたところ。

 

可能性としては、3つあるそうで

 

ひとつは、結膜浮腫。

 

結膜浮腫とは、眼の中に水がたまって、ゼリー状にふくれてしまうという症状です。

これは、多くの場合がアレルギー性結膜炎によるものだと考えられています。

目の表面にアレルギー物質がついてしまうとアレルギー性結膜炎になってしまいます。

 

アレルギー物質というものは人それぞれ異なりますが、代表的なものとしては、

  • 花粉
  • ダニ
  • カビ
  • ほこり
  • ハウスダスト

などが考えられます。

 

つまり、花粉症が原因で白目がぶよぶよになってしまうこともあるのです。

アレルギー性結膜炎になると、目がものすごくかゆくなります。

その結果、目をかいてしまい、白目が腫れて、結膜浮腫となってしまうのです。

 

治療法としては、自然治癒が一般的です。

目をこすらないようにすれば、自然に治っていくことが多いです。

ただし、症状が悪化したり、長引く場合は眼科に受診するようにしましょう。

 

ほうほう。これは、中々私に該当しそうなお話ですね。

 

次に、結膜嚢腫。

結膜浮腫と名前も似ていて間違いやすいのですが、それぞれは違う病気です。

一番分かりやすい違いとしては、結膜浮腫は白目全体がぶよぶよになるのに対し、

結膜嚢腫の場合は、白目の一部がぶよぶよになります。

 

結膜嚢腫は白目の結膜の下に水がたまるのではなく、白目に水泡のような袋ができてしまうのです。

よって、白目の一部が腫れていて、袋のようなものがある場合は結膜嚢腫を疑ってみてください。

 

しかし、結膜嚢腫は良性のできものですので、特に心配する必要はありません。

結膜炎のように目が充血したりすることもないので白目の一部分の腫れだけが症状となります。

 

治療法としては、この袋を切ることによって、

中身のリンパ液が全部出てきますので、それで腫れがひくはずです。

もちろん自分で切開するのは難しいと思いますので、

眼科に受診して切ってもらうことをおすすめします

 

ん~~~

これも、まぁ可能性としてはなくはなさそう。

 

最後に、コンタクトの使用。

特にアレルギー性のものが原因でない場合はコンタクトレンズの使用が原因かもしれません。

コンタクトを使うことによって、目が汚れやすく、乾燥しやすくなります。

その結果、無理に目をこすってしまい、白目のぶよぶよした腫れの原因となってしまうのです。

 

対処法としては、目薬を頻繁にさしたり、一時的にコンタクトを外すなどをして

目の汚れや乾燥を防ぐことが大切です。

 

明らかにこれでしょうな・・・(笑)

 

ブヨブヨがひどいときは、絶対にこすらず安静が一番みたいですが、

かゆいときなどは、冷やしてあげてもいいそうです。

 

コンタクトに関しては、したいのであればワンデーを。

ブヨブヨがあるときは、点眼しつつメガネを使用するのがやっぱり一番ですね。

 

現代っ子は結構目が悪いので、みなさん、、、

気を付けましょうね。結構コンタクトって、やっぱり負担かかりますからね・・・。

 

健康が一番!と、毎回このブログを書いてると思い直す木村なのでした。

 

ページトップへ戻る