アニマルセラピー|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > アニマルセラピー

アニマルセラピー

亀有南口分院
2016.08.20

こんにちは南口院の原田です(´・ω・`)

先日とある老健施設に伺ったところ、一匹のかわいいワンちゃんがいました🐶

おそらくセラピー犬として飼われている子なんでしょうね🐕

人懐っこくて可愛らしい犬でした。においをめっちゃ嗅がれました。くさかったのかな・・・🐩

ということで少しアニマルセラピーについて調べてみたいと思います🐈

 

★アニマルセラピーとは

動物を使用したセラピー手法のことで、動物と触れ合うことでストレスを減らしたり、自信をつけさせたりなど肉体や精神の機能向上が目的です。

犬や猫などのイメージが強いですが、馬やイルカなどの情緒水準の高い哺乳類と接することによって他人を信じる事が出来るようになるそうです。

モンゴルでは馬と触れ合うアニマルセラピーが積極的に行われているとのことです!

 

★そもそもセラピーってなに?

セラピーとは治療・療法の意味です。アニマルセラピーでは動物を通して患者さんのリハビリのお手伝いや痛みの軽減などに効果を上げています。

 

★アニマルセラピストってなに?

アニマルセラピー活動とは、動物と人との共同作業による福祉活動のひとつです。

そして動物を通じてアニマルセラピー活動を行う人がアニマルセラピストです。

 

★アニマルセラピストになるには

国家資格ではないので通信講座や専門学校で勉強し、試験に合格してしまえば今日からあなたもアニマルセラピストです!

ちなみに給料は15万~20万程度が相場のようです。嘘か本当かはわかりませんが、安いと思います。

 

★アニマルセラピーに向いている犬種

1、ゴールデンレトリバー

盲導犬などで活躍する、とても賢く温厚で人懐こい犬。

好奇心旺盛で明るく、学習意欲が高い。

子供好きでめったに怒らない。

人間好きで孤独を嫌う。

叱るといじけやすいので褒めて伸ばすこと。

何かを運ぶ・持ってくるのが得意。

 

2、ラブラドールレトリバー

こちらも盲導犬や介助犬として活躍中の犬種。

賢く利口で聞き分けが良い。

好奇心旺盛で活動性が高く少しやんちゃ。

やはり褒めて伸びるタイプ。

基本的にはゴールデンと似たような犬種。

 

3、ジャーマンシェパード

警察犬や救助犬で活躍している。

見た目が怖いが従順で人懐こい。

学習能力、運動能力ともに高い。

集中力や耐久力、タフさに優れている。

知能が高く、しつけに失敗すると完全になめられる。

 

4、ボーダーコリー

牧羊犬として昔から活躍している。

賢く責任感があり、注意力に優れている。

活発で運動能力が高い。

判断力に優れ、相手によって態度を変える。

匍匐前進が得意。

 

5、小型犬

ダックスフンドやプードルなど

だいたいの子が賢くて人懐こい。

 

個人的には猫に癒しを感じるのですが、犬も可愛いよなあと思いました。

ちなみに実家のダックスは人の靴や下着を盗むのでいらいらしました。

 

 

 

ページトップへ戻る