季節の変わり目には|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 季節の変わり目には

季節の変わり目には

健康の話
2016.09.05

季節の変わり目で風邪を引く人が多くなる時期です。年々風邪を引く人が増えている傾向があります。年を取るごとに体の免疫が低下してきているので風邪を引きやすくなっています。

毎年風邪を引きやすい時期を理解しているはずですが毎年対策をしていません。今年はしっかり対策をとるために自分なり出来ることをまとめてみました。
・風邪をひきやすい環境

季節の変わり目で風邪をひかない8つの対策  ちょっとずつ寒くなる9月10月は風邪を引きやすい環境だと思っています。肌寒さを感じつつもまだ服を変えるか変えないかが微妙な季節です。その微妙な時期で風邪をひく人が増えていきます。
サラリーマンや大人になって自分自身が風邪をひくより風邪が移る場合の方が圧倒的に多いと思います。電車や社内など身近に風邪が移る環境がしっかりあります。
その環境を何年も経験しても風邪をひいてしまうから恐ろしいです。そろそろ同じことを繰り返さずこの時期で出来る対策を考えていこうと思いました。
1.朝の室内温度と湿度

朝肌寒くなっていてもまだ毛布のみにしています。窓開ければ寒いし、閉じていると微妙に暑いという判断が難しい朝です。風邪をひかないようにするには体を冷やさないようにするので、布団を出して少し暑いかもしれませんが、汗をかくレベルではないので布団をしっかりかぶるようにする。
2.電車や社内でマスク

電車や社内で一番風邪をもらうリスクがあります。この季節せき込んでいる人が増えてくる時期なのでマスクを付けてかっこ悪いかもしれませんが、風邪の対策としてはトップクラスの効果があると思います。そしてマスクを付ける事で喉の保湿が出来るので電車だけでもマスクを付けるのは風邪の対策としてはいいかもしれません。
3.自宅でもマスク

家族から貰うリスクも非常に高いと思います。一人暮らしだと大丈夫ですが、子供や配偶者に親がいれば風邪のかかるリスクが高いです。
会社に勤めている人は休めないのでこの対策と通勤社内でのマスクは徹底しているはずです。
4.喉の痛みに注意

喉の痛みが出てきたら風邪の前兆です。ここから放置すると一気に風邪にかかるので喉の痛みを感じたらとにかくイソジンや首を温めてマスクを付けて喉を保湿しましょう。ここでしっかり対策を取れれば風邪対策になります。
5.普段より早く寝る

この季節は寒暖の差で体力を奪われます。風邪っぽいと思ったらお風呂に入り、いつもより早く寝ることがいいでしょう。この季節はいつも以上に早く寝るのがいいでしょう。
6.夜ご飯はニンニク系

臭いが気になりますが夜にニンニク料理を食べて早く寝れば風邪を撃退できる可能性が上がります。
夜ご飯にニンニク料理を作るかカレーやお肉にニンニクのみじん切りをかけてもいいでしょう。ニンニク料理は口臭が気になるので夜にブレスケアに朝もブレスケアを食べましょう。

7.手洗いうがいの徹底

これは当たり前の事で学校でしっかり学んだと思います。ただこれは学校から家に帰った時なのでこれに1つだけ追加します。
会社に着いたときに手洗いうがいをしましょう。これだけで全然違うのと手を洗った際に水をふき取り、アルコールでしっかり消毒しましょう。
8.PCのキーボードを綺麗にする

PCのキーボードは大便より汚い菌がいっぱいあるかもしれません。キーボードを触った手でパンなどを食べて直接菌を口から取り入れる事によりどんどん免疫が低下し、最悪風邪を引いてしまうかもしれません。
会社に着いた時はアルコールで消毒したり家のPCのキーボードは1週間の掃除の時にでもしっかり拭いておくのが良いですね。
季節の変わり目で風邪をひかない8つの対策

風邪は引きたくないですね。毎年同じことの繰り返しなので今年こそはしっかり風邪の対策をして一年間健康で翌年も健康で過ごせるよう頑張りましょう。

金町院 杉山

ページトップへ戻る