人の行動と心理|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > 人の行動と心理

人の行動と心理

Let‘s整骨院
2016.09.06

「行動心理学」とは?

そもそも「行動心理」とは何でしょう。心理学の一種であるとだけ理解している方も多いのではないでしょうか?ここで、心理学の歴史や行動心理学について簡単にご説明しましょう。

心理学にはいくつもの種類があります。心理学の歴史を辿れば、古代ギリシャ時代に遡ると言われています。当時は「心理学」という学術的な言葉はなく、思想からはじまりました。人類初の心理学者として歴史に記されているのは「ヴィリヘルム・ヴント」です。

1879年。ヴントはドイツのライプツィヒに初の心理学専門研究室を創立。心理学の教科書を出版した初の人物であることで知られています。この頃が、心理学初期だと言われています。初期の心理学に貢献した人物では「パブロフの犬」で有名な、ソ連の生理学者「イワン・パブロフ」を、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

パブロフは、犬の唾液分泌の実験中に、『犬にメトロノームを聞かせる→餌を与える』行為を繰り返し、2つのプロセスを「条件付け」と設定しました。すると、犬は「メトロノームの音を聞いただけで、唾液を分泌するようになる」という心理的現象を発見。後に、この現象を「条件反射」と呼ばれるようになりました。

その後、時代は進み、1970年代以降、フロイト・ユングらの深層心理学の書籍を通じ、日本でも知られるようになりました。日本でも第二次世界大戦後から1970年代までの心理学は、「新・行動主義心理学」の影響を受け「行動の科学」と呼ばれていたようです。

心理学の歴史を辿れば、とても長くなってしまいますが、このように時代を経て、「現代心理学」と呼ばれるものに辿り着くようになりました。その中のひとつに「行動主義心理学」と呼ばれるものがあり、1910年代にアメリカの「ジョン・ワトソン」によって提唱されました。

当時、「心」や「意識」など抽象的な概念を排除し、客観的に人の「行動」を自然科学の視点から研究する「行動主義」は心理学に革命をもたらしました。現代では「行動心理学」と呼ばれていますが、学術的には心理学の種類のひとつとして定義づけされているものではありません。

ワトソンをはじめとした「行動主義」の研究者たちが認知心理学や深層心理学との違いを明確にするために新しく生み出した日本独特の用語が「行動心理学」と呼ばれるようになったようです。

人のしぐさ・癖・態度などで相手の心理を知ることができる

現代の「行動心理学」と呼ばれるものは、人のしぐさ・表情などで、相手の心理を探ることができると言われています。人は自分が無意識のうちに、色々なサインを発しており、無意識下にある深層心理や恋愛心理・ビジネス心理など、何かの欲求や願望によって支配されているものがあるようです。

深層心理にあるその人の性格・本心などは、しぐさや癖・態度・表情などに知らずとしてサインがでているものであり、話す時の姿勢や相手との距離の取り方などにもさまざまなメッセージを発していると言われています。

会話のやり取りでは自分の本音を隠し、相手に悟られないように注意深く対応するものですが、相手の深層心理を読み取る行動心理では、直接的な言葉より、しぐさ・癖・態度・服装・顔色や表情などを観察すれば、男女の恋愛関係などで、相手が自分に恋愛感情があるかどうかが分かるものです.

「行動心理学」を恋愛に応用してみよう!

(よく目が合う、視線を感じるんだけど・・・)

これは、一番分かりやすいサインかもしれません。男性が女性に視線を注ぐ時は、大抵好意を持っていると言っても過言ではないでしょう。例えば、交際中の彼が、デートの途中で、スタイル抜群の美人が通りかかったら、自然と目で追う時がありませんか?

これは男性の脳の構造から来る一種の条件反射的な要素も含まれています。男性が中身より外見で選ぶのは、自分好みの獲物を狙い所有する気質があるからです。特に動いている自分の獲物を目で追ってしまう性質があるようです。彼女がいるのに、なぜ他の人を見るの?と浮気を疑ってしまいますが、これは男性の気質だと捉えましょう。

あなたへの視線を感じたり、目がよく合うのは、あなたに好意がある証拠。脈あり!と見て良いでしょう。視線にも色々と種類がありますが、他人の視線って何となく自分で気配を感じることができますよね?

一度目が合っただけでは単なる偶然かもしれませんが、2度、3度以上続いたら、それは相手があなたに好意を持っている視線だと自信を持ちましょう。また、男性は、好きな女性や興味がある女性と対面で話す時は、瞳孔が開くように脳にコントロールされているという説があります。

また、男性は興味のない女性とは目も合わさないという、女性に比べて単純明快だという行動心理学者の説もあります。ただ、男性にも個々に性格が異なり、シャイな性格の人は女性と目を合わすのが苦手・・・という男性もいます。その辺は、女性の方が上手だと思いますので、相手が遠くから送る視線に注目してみましょう!

 

Let`s整骨院 青田

 

ページトップへ戻る