秋野菜の健康|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 秋野菜の健康

秋野菜の健康

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.09.08

近頃日が短くなり、気温も下がってきましたね。
この時期の身体はとても繊細。夏の間に溜まった疲れと冷えはしっかりと身体の内側から和らげましょう。
旬の野菜・果物を上手に取り込んだ栄養満点レシピでハッピーな秋・冬に備えましょう。

・9月に旬を迎える食材
かぼちゃ・さつまいも・さといもは秋~冬に旬を迎えます。オクラやゴーヤは夏だけが旬と思いきや、この時期まで美味しい味わいを楽しめます。
バターナッツスカッシュとビーツです。アメリカでは定番の野菜で、食卓に彩りを与えてくれます♪都内各所で開催されるファーマーズマーケットなどで手に入ります。

・秋の身体はとても繊細!食べ物には要注意!
この時期の身体はとても繊細。
夏に食べた冷たい飲食物や冷房が影響して、内蔵や自律神経のバランスは崩れがちです。ひどい場合は食欲不振や疲れの症状が出てきます。
そのためこの時期は弱った胃腸の働きを整えるために、温かい食べ物を食べるようにしましょう。ゆっくりよく噛んで、旬の秋野菜を楽しんでみてはいかがでしょう中医学では、8月初旬の立秋から10月下旬の霜降までの約3カ月を秋としています。この時期は、暑さが和らぎ朝晩に心地よい風を感じる反面、空気が乾燥し呼吸器と美容にダメージを与える季節でもあります。また、夏に消耗した体液を補い、体全体に潤いを与えて次にやってくる冬の寒さに備えるための季節でもあります。

秋の食材選びにおいてのキーワードは「白色」です。白い食材には外気の乾燥によって直接影響を受けやすい肺を潤す働きがあると言われています。肺の状態は皮膚や鼻にも影響を与えるので、肺が潤えば肌や鼻も同時に潤すことが出来ます。中国では昔から「体質、季節の変化、風土に合う食物を選ぶことが大切である」と言われますが、実際に秋の市場には白い食材が豊富です。きのこ、梨、銀杏、長芋、白きくらげ、れんこん、百合根、くわい、など、その季節には足りないものを補う食材が出回っています。

また、冬に向けては、血を補うことで人体の各臓器、組織、器官に栄養を与えられます。補血の食材として、プルーン、棗、枸杞、ほうれん草、小松菜、ナッツ類などの鉄分が多く含まれる食材があります。

これらの薬膳の考え方や食材の効果については、数千年前から中医学の医学書に書かれて伝わっているのですから驚きです。人は、大自然の中で生き、その自然環境の影響を受けていることに今も昔も変わりません。絶えず変化する自然の中で自然の恵みを美味しく楽しく食し、バランスよく健康に過ごしましょう。

難しく考えず、ここで紹介した食材を、普段の食生活の参考にしていただければと思います。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

 

 

 

ページトップへ戻る