ゴマちゃん|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > ゴマちゃん

ゴマちゃん

健康の話
2016.09.08
画像

 

幼稚園生くらいの頃、ゴマアザラシのゴマちゃんぬいぐるみを抱いて寝ていた時期があったなーと

昨日思い出した南千住院 田中です。

今の私からは想像できませんがそんなかわいい時期もあったんですよ・・・(笑)

こちらがそのゴマちゃん!!↓↓↓↓↓

goma

 

検索かけて気づいたんですが、持っていたゴマちゃんと違う気が・・・

あやつはただの白いあざらしだったのか・・・

 

 

 

まぁそんなことは置いといて!

ゴマってわりかし私たちの身の回りにあるものですが、どうやってできてどんな栄養があるか知りませんよね?

気になって調べてみました!

≪胡麻とは・・・≫

ゴマ科ゴマ属の一年草。インドが栽培の発祥地であり、種子が食材、食用油など油製品の材料とされ

古代から今日まで世界中で利用する植物です。

胡麻って植物なの初めて知りました・・・。

fusa1

左の写真は花が落ちて房が成熟してきたもの

ひとつの房の中には100粒ほどのゴマが入っているんだって!!

 

 

≪品種≫

白ごま、黒ごま、黄ごま、は種子の外皮の色によって分類されます。

≪栄養≫

昔からゴマが栄養価が高い食品として知られていたそう・・・(私は全く知りませんでした!!!)

白、黒、黄ごまの栄養的にはほとんど差がないそうです。

ただ黒ごまの皮の部分にはタンニン系ポリフェノール色素を多く含んでいます。

ゴマにはカルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛などのミネラルが多く含まれ、

骨粗しょう症の予防、貧血改善の効果があります。

その他にもタンパク質、食物繊維、ナイアシン、ビタミンA・B1・B2・B6、Eや葉酸が豊富に含まれています。

抗酸化物質として働くリグナンが含まれていて、ゴマの代表的なリグナンはセサミンなんだそうです。

ゴマ自体にも抗酸化作用をもち、活性化酵素が体内で生成されるのを抑え、肝臓機能を強化し

細胞の老化や眼下を抑制する作用があり、

脂質はオレイン酸、リノール酸が多く含まれ、タンパク質も豊富に含みコレステロール抑制にも効果的☆

 

≪抗酸化作用ってなに?≫

私たちの体は酸素を取り入れて、エネルギーを作りますが、その過程で一部の酸素が酸化力の強い活性酸素に変化します。

この活性酸素が増えると血管や細胞を傷つけ、身体の内側を酸化させ動脈硬化などを引き起こし生活習慣病を招くそうです・・・。

活性酸素って体で作られるものであり、病気を引き起こす原因にもなっていたんですね。

 

ごまって体に良いから食事に取り入れた方がいいなぁと思ったんですが(全然自炊しません!)、

最近はごまアレルギーというのもあるそうなので皆さん、食べる際には気を付けてくださいね!

私も自炊を始めてゴマから栄養をいっぱいもらいたいと思います!!

 

 

 

ページトップへ戻る