ブルーライトの危険性とは!?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > ブルーライトの危険性とは!?

ブルーライトの危険性とは!?

亀有北口本院
2016.09.25

皆さんはスマートフォンなどから出る

ブルーライトの影響についてはご存知でしょうか?

今日はそのブルーライトの危険性と対策について

紹介したいと思います。

 

ブルーライトとは?

ブルーライトとは波長が380~500nm
(ナノメートル)の青色の光線です。

目に見える光である可視光線の中でも
最も波長が短くてエネルギーが強く

目の表面の角膜や水晶体で吸収されずに
網膜まで到達します。

太陽の光にも含まれていますが、
LEDをバックライトにしたパソコン、スマートフォン

ゲーム、テレビ、タブレットなどのデジタル機器から
発生しています。

ブル―ライトが多く発生するのは画面が大きい
テレビやパソコンだと思うかもしれませんが

実は一番強いのはスマホのブルーライトです。

ではブルーライトが目や人体にどのような
影響が考えられるのでしょうか?

 

ブルーライトによる人体への影響

ヒトの体内にメラトニンというホルモンが
増えることによって眠気が生じ、

太陽の光をあびるとメラトニンが減少し
眠気がなくなって目覚めます。

このように太陽が出ている間は元気に動いて
夜になると段々眠くなるというのは

太陽の光によって体内時計が常に正常に
機能していることを意味します。

これは太陽の光の中のブルーライトの働きにより
生活力リズムが整えられているのです。

ただ現代は夜になってもスマホやパソコンなどの
人工的なブルーライトを長時間浴び続けています。

これによって体内時計が狂ってしまい、

●頭痛
●肩こり
●睡眠障害
●慢性疲労
●うつ病
●脳神経への影響
●肥満

などの悪影響が考えらると言われています。

夜にブルーライトを長時間浴び続けるのが
悪いとわかっていても

パソコンは仕事で必要ですし、
夜に「スマホを見ないなんて無理」という
人が多いと思います。

ブルーライト対策! 

①ブルーライトカットフィルムを張る

スマホパソコンニンテンドー3DS専用
ブルーライトをカットするフィルムがあるので
それらを使用するようにしましょう。

スマホに関しては機種によっては
ブルーライトカットモードもありますし

ブルライトカットアプリもあるので
それも使用するようにしましょう。

ブルーライトカットめがねを使用する

ブルーライトカットフィルムに
ブルーライトをカット専用のめがねを
使用することによって

かなり目の負担を軽減することができます。

ルテインゼアキサンチンが豊富な食べ物

網膜の中心部である黄斑の構成成分は
ともにカロテノイドの一種である
ルテインゼアキサンチンです。

黄斑の周辺部はルテイン
黄斑の中心部はゼアキサンチンが主要な
構成成分になっています。

ルテインとゼアキサンシンは強い抗酸化作用があり
ブルーライトのダメージを緩和してくれます。

特にルテインは眼だけでなく肌も紫外線から
守ってくれたり美肌効果もあるので

高齢者だけでなく若い人にもおすすめです。

また、加齢とともに目の中になるルテイン
ゼアキサンチンは減少しやすいので

多く含まれている食品やサプリメントで
積極的に摂るようにしましょう。

ルテインが多く含まれている食べ物は
ほうれん草ケール(青汁がおすすめ)です。

ゼアキサンチンもほうれん草に多く含まれていて
その他パプリカ、トウモロコシに多く含まれています。

 

皆さんも自分にあったブルーライトを対策をして

眼や体を守りましょう!!!

北口本院 千田

 

ページトップへ戻る