眼精疲労|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 眼精疲労

眼精疲労

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.09.28

今回は、眼精疲労についてお伝えしていきます。

症状の発生を抑えるには、日々の生活の中で最も目を使う状況に適した眼鏡をあつらえるという方法がある。

例えば軽度の遠視の場合は裸眼検査で1.5などの良い数値を得るために眼鏡を用意するケースはあまり多くないと考えられるが、一方で仕事で一日中パソコンを眺めるという生活を送っている場合、本人の目に適さない (近すぎる) 対象を一日中見ることになるため、目のピントを合わせる部分が疲労が蓄積しやすい。従って常用距離をパソコン用に1メートル程度に設定した眼鏡を着用することで、目の負担を軽減することができるのである。

疲労してしまった目や周りの筋肉から疲労を和らげるとする場合、マッサージを行う、温めたおしぼりで目を覆うなどの方法で血行を良くし、老廃物の代謝を促す方法が考えられる。

これらの方法は就寝前に行うことが効果的である。

実際には、目の周りの筋肉をマッサージする。親指ないし人差し指の先をまぶたの上から優しく押し込み、小さく丸を描きながら目の内側から外側へ移動して行く。目の上側をマッサージしたなら、目の下側も同様に行う。より具体的なマッサージ方法についてはインターネット上で簡単に調べることが可能であるのでそれらを参照するとよい。

人肌よりやや熱めのおしぼりを用意し、両目の上から1分ほど覆うと良い。上記のマッサージ法と併用するとより効果的である。冷たいおしぼりを交互に乗せることでよりすっきりとした気分になることができる。 冷たいおしぼりと熱めのおしぼりを交互に使用すると、目の血管が伸び縮みする。したがって、目の血流が良くなり、疲労解消につながる。細かいものが見えにくい、目がかすむなどと感じることはありませんか? そんなあなたは、眼精疲労かもしれません。眼精疲労とは、一般にいう疲れ目のことです。その原因は、目に異常があるか、体の状態が悪いか、精神的な要因によるものか、目にも体にも異常がないけれどメガネやコンタクトレンズが合わないか、目を酷使しているかなどが挙げられます。もし、目に異常を感じたら、原因をきちんと調べ、病気があるときは早急に治療をしなくてはいけません。また、睡眠不足、食生活の乱れなど、生活習慣に原因があって目が不調なときは、生活を改善する必要があります。また、室内の照明などをチェックする必要があります。
さて、あなたの目は健康を保っているでしょうか。チェック項目を調べて確認してみてください

オレンジ堂整骨院 田仲 

ページトップへ戻る