指のケガ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 指のケガ

指のケガ

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.11.16

こんにちは。オレンジ堂の横山です。

先日、料理中にうっかり指の先を包丁で切りました。結構スッパリと…。

痛みと出血が止まらず右往左往してしまいました( ノД`)シクシク…

そんな時、慌てず知っておくといい簡単な方法がこちら!

 

指先を切って出血してしまった時の応急処置の仕方

ラップ療法や湿潤療法と呼ばれている方法です。これは体が本来持っている自然治癒力を最大限に生かす方法として今注目されています。

この療法の特徴は、大きく2つあります。

一つ目は消毒をしない、二つ目は傷口を乾かさないという事です。

消毒液は前述したように、ばい菌も殺しますが、人間の体が本来持っているばい菌に抵抗する力や傷を治そうとする細胞も殺してしまいます。

つまり消毒液が染みるのは、ばい菌が殺されているからでなく、自分の細胞を殺しているからだという事なんです。この療法のポイントは傷口は水でキレイに洗い流します。

そして、傷口はガーゼや絆創膏は使いません。これは傷口を乾かす行為ですからです。

人の体は傷口を直そうと滲出液という体液を出しますが、ガーゼや絆創膏がこれを吸ってしまうのです。だから中々治らない。

この療法ではガーゼや絆創膏の代わりにラップなどで傷口を保護します。そして、滲出液が乾かないでいられる環境を作るのです。傷口は毎日水洗いして、その後はラップする。

たったこれだけです。

指先の血が止まらない時におすすめの止血法

病院にいくほどではないけれど、中々血が止まらない、治りが遅い傷というのがあると思います。

指先はどうしても使わなくてはいけないので、完治するまで時間がかかるとそれだけ不便です。

だからここでオススメするのは、指の切り傷を従来のやり方よりもはるかに早く完治させる方法です。特別な薬も器具も必要ありません。コツもないくらいです。

やり方さえ知っていればだれでも出来る簡単な方法です。

まず血が飛び散らないように、ティッシュか何かで傷口を押さえて、手を頭の上へあげます。

そうして、5本の指同士をくっつけて、軽く揺らします。ポイントは腕から軽く振動させることです。

力いっぱい振ると出血が止まり肉なります。

これだけです。大体2〜5分程度で、よほどの傷でなければ出血は止まります。そうしたら、傷口を流水で洗い流しましょう。

傷口に張ったばい菌は水で洗い流せば十分です。

ただ止血が不十分だと、手を下げた途端、また出血をしてしまうので、その時はまた手を上げて揺するのを再開しましょう。

 

私はこの方法でなんとか止血には成功しました。

今は痛みとの闘い中です(;^ω^)

もしやってしまった時の為に覚えておくといいですよ。

 

 

 

ページトップへ戻る