防衛機制|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 見えているけど… やろうとは思っているけど… なぜかパソコンに手が…

見えているけど… やろうとは思っているけど… なぜかパソコンに手が…

亀有南口分院
2016.11.26

あと一週間もすれば12月ですね。

師走といえば色々やることがあって忙しいですよね。

 

皆さんもそうだと思いますが、自分も12月に大掃除をします。

ただ、雑然としたクローゼットを見るとついつい面倒になってしまい…

なぜか別のことをしてしまいます。

例えばPCのデータ整理とか検索とか…

 

このようなこころの働きを『防衛機制』のうちの「逃避」と言います。

 

『防衛機制』とはフロイトの精神分析から誕生した考えで、不快な状況に直面した場合や内的な衝動に満足させられない場合に、「自分を守ろうとして」用いる無意識的な手段のこととされています。

嫌なことがあってそれを認めたくないとか、「〇〇したい!!」と思っても社会的に禁止されていたりしてできない場合があります。そのような状況をそのまま受け入れることは心理的につらいので、自分を守るために理由をつけて別の形で実現したり、全く無かったことにしたり、本来の形から少し歪めようとする働きに用いられる手段のことを『防衛機制』と呼ぶのです。

ここで日常で見られる『防衛機制』の一例をあげてみます。

 

・抑圧

不快な体験や考えを無意識に押し込み、忘れさせる心の働きのこと。

例:ペットが死んでしまった前後のことが思い出せない。

・昇華

性的欲求や攻撃的欲求といった反社会的で認められない強い感情や欲求を、社会的・道徳的に認められる形に置き換えること。

例:失恋して仕事に没頭する、新しい趣味を始めるなど。

・置き換え

特定の人物や物などに向けられた欲求や感情の表現が難しい場合に、対象を別の人物や物に置き換える行動。

例:子供が独り立ちした親がペットを飼って溺愛する。

・逃避

面倒に感じることや向き合うことが困難な現実から目をそらし、別の現実や空想へ目を向けること。

例:試験前日、勉強しなければいけないのに部屋の掃除に時間を費やす。

・反動形成

無意識の中に抑圧されている強い感情や衝動が、意識できる側面で正反対の傾向となって行動などに現れること。

例:好きな相手に意地悪する。人が嫌がる仕事を喜んで引き受ける。

・合理化

満たされない欲求に都合のいい理由をつけることで、自分の失敗や好ましくない体験を正当化しようとすること。

例:「彼女が自分をフッたのは男を見る目がないからだ。」「あの高校を受験しなかったのはあの高校がつまらないと知っていたからさ。」

・同一視

自分の尊敬する人や理想とする人の考えや状況を自分の体験であるかのように思い真似て欲求を満たそうとすること。

例:好きなタレントのファッションを真似る。

・投影

自分の中にある受け入れたくない不都合な感情や衝動を他人のものだと思うこと。

例:「(本当は自分が相手を嫌っているのに)あの人は自分を嫌っているに違いない!!」

・隔離

自分の行動などに関連する気づいているが受け入れがたい事実や感情を意識しないこと。切り離したり逃れようとすること。

例:動物愛好家が肉料理を食べる。

・否認

認めたくない現実、不快な体験や欲求を無意識になかったことにしてしまうこと。見えているが見えてない、聞いているが聞こえていない、知っているが知らないといったように、その現実や体験をなかったことにする。

例:狂信的になり特定の人物の言葉以外の現実を認めない。

・打ち消し

不安や罪悪感を生じさせた行為をやり直したり、反対の行為をとって無効にしようとすること。

例:浮気をした罪悪感から妻の機嫌をとる。

・補償

ある面における自分の不満を補うためにほかの面で努力をはらって満足を得る。

例:「(容姿では負けるけど)勉強では負けない!!」

・固着

一定の感情や行動様式あるいはその対象が固定して、流動性を欠いている状態。

例:意味のない行動をただ繰り返すことで課題や葛藤から逃れて気を紛らわす。

 

これら『防衛機制』が働くからといって、すぐ病気だと心配しなくて大丈夫です。

『防衛機制』は、どんな状況に陥っても何とか意識の連続性を保つための一時的な「こころの安全装置」と考えていいと言えます。

 

また、『防衛機制』は自分で意識的に選択することができません。

その人が頻繁に用いる『防衛機制』はある程度決まっていて、その人のパーソナリティーや性格などのひとつと考えられます。

一方で、『防衛機制』は意識的に選択できない上に現実を都合よく歪めてしまうため、働きが強すぎると社会的に適応が難しくなったり、心理的な問題の原因になってしまうこともあります。

 

日常生活で『防衛機制』のような自分のこころの働きにふと気づくことで、よりよく適応的な生活を過ごせればいいですね。

 

とりあえず…

自分は「逃避」せずに大掃除できるよう頑張りたいと思います。

 

南口院 いたばし

 

ページトップへ戻る