腸内フローラとは一体どのようなものなのでしょうか。|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 腸内フローラとは一体どのようなものなのでしょうか。

腸内フローラとは一体どのようなものなのでしょうか。

健康の話
2016.12.09

初めまして。

西川整骨院に配属されました、中野大和と申します。

趣味は運動と音楽鑑賞です。

患者様のために一生懸命頑張ります!よろしくお願い致しますm(__)m

それでは今回は腸内フローラについてお話ししたいと思います。

先日テレビを観ていたところ、昨年浦和レッドダイヤモンズを惜しまれながら引退された

鈴木啓太選手が引退後に会社を立ち上げたそうで、その会社がなんと腸内フローラの研究を

主とした研究室とのことでした。そして少し興味が沸いたので今回調べてみました!!

【腸内フローラは腸内でお花畑のように生息する微生物の集団】

大腸には1000種類、100兆個という膨大な数の腸内細菌が生息しており、それらの細菌が草むらやお花畑のように種類ごとにテリトリーを持ち、集団を作っている様子から『腸内フローラ』又は『腸内細菌叢』と呼ばれています。

腸内フローラの細菌の重さは合計すると約1.5kgになるそうです。なぜこれだけの数の菌が腸に集中しているかというと、殆どの腸内細菌が酸素を嫌う性質をもち、酸素の少ない大腸が生育していくのに適しているためです。

お互いにテリトリー争いをして競合したり協力し合ったりしながら集団を作っていますが、ビフィズス菌のように長く定住する菌や2~3日で体外に排出される菌がおり、常に入れ替わってます。

排出される便の約半分は腸内細菌だというから驚きです。逆にいうと便が小さいと腸内細菌も少ないということなので、食生活などで気をつかい、腸内フローラに生息する菌を増やすよう工夫してみましょう。フローラの状態をチェックするためにも便の確認は大切です。

そして、排出される菌もある一方、腸内に残った菌は増殖して勢力を広げるなど、日々、腸内フローラの細菌バランスは変化しています。このように腸内細菌が競合・共生しながら集団をつくり、人それぞれ異なる固有の腸内フローラが形成されているのです。

本日は諸事情によりここまでになります。申し訳ありません・・・

次回に続きますm(__)m

see you next week フローラ

to be continue フローラ

 

アモーレ 神ってる!!

ページトップへ戻る