熊はビール飲まないよ!!|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > 熊はビール飲まないよ!!

熊はビール飲まないよ!!

南千住院
2016.12.22

 

こんばんわ

南千住院 田中です。

最近、英語のアプリを始めたんですが身についているのかないのか・・・

そんなアプリをやっていって、なんだこの訳と思った一文二つを紹介

『あまたの熊はビールを飲む』

『その亀は牛乳を飲む』

おかしいだろ!!と思っています。というか英語が全くできない私ですら

こんなの会話に出ないでしょ!!そもそも飲まないとおもうよ!と

突っ込んでしまうぐらい他にも謎の訳があります・・・

 

まぁそんな話は置いといて今回はおせちについて!

私が最後にあるおせちの記憶、、、

実家のおせちは私があまり食べないせいかから揚げとか入っていて運動会のお弁当状態だったなぁというのと

今年のお正月にK村先生の家で食べたおせちですね・・・すごいおいしかった!!!!!\(^o^)/☆

でも意味も知らずバクバクいろいろなものを食べた記憶があります。

おせち料理の意味を調べてみました!

【紅白蒲鉾】

紅白は祝の色!

蒲鉾は≪日の出≫を象徴するもので、紅はまでたさと慶びを白は神聖を表している

【伊達巻】

江戸時代に長崎から江戸に伝わった≪カステラ蒲鉾≫が伊達者たちの着物に似ていたので伊達巻とよばれるようになったそうです。

昔は大事な文書や絵は巻物にしていたのでおせち料理には巻いた料理がたくさんあるんだそうです。

【錦玉子】

金、銀、錦にたとえて

錦玉子はその色で金と銀にたとえられ、2色を錦と語呂合わせしているともいわれているそうです。

【栗きんとん】

豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理

栗は山の幸の代表格で≪勝ち栗≫といって縁起が良いと尊ばれてきたそうです。

【黒豆】

元気に働けますように

『まめ』は元来、丈夫・健康を意味する言葉だそうです。

≪まめに働く≫などの語呂合わせからもおせち料理には欠かせない一品

【昆布巻】

昆布で健康長寿を

昆布は≪喜ぶ≫の言葉にかけて正月の鏡飾りにも用いられていて一家発展の縁起ものだそうです。

【田作り】

五穀宝穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名づけられたそうです。

【数の子】

子宝と子孫繁栄を祈る

数の子はニシンの卵であり、二親から多くの子が出るのでめでたいと古くからおせち料理に使われていたそうです。

【菊花かぶ】

冬が旬のかぶをおめでたい菊の形に飾り切りし、赤く染めて紅白の酢のものに仕立てたのが菊かぶであり、消化に良い栄養素を含みます。

【小肌粟漬】

将来の出世を願って

小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。

出世魚らしく縁起が良いとされていて、黄色に染めた粟は五穀豊穣を願っているそうです。

【エビ】

長生きの象徴

えびは長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きをすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

【紅白なます】

紅白でおめでたいさっぱり料理

【ごぼう】

細く長く幸せに

細長く地中にしっかり根を張るゴボウは縁起の良い食材

たたきごぼうはごぼうを叩き、身を開いて開運の縁起をかついだものだそうです。

【するめ】

祝い事を表す縁起もの

≪寿留女≫の字を当て、結納の品として用いられたそうです。

 

こうして調べてみるとたくさんおめでたい意味があるんですね!

今度食べる時はまんべんなくたくさん食べようと思う田中です!(笑)

ページトップへ戻る