TOPICS|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > 2016年 > 12月

今年も一年お疲れ様でした!!

亀有南口分院
2016.12.31

皆様こんにちは、こんばんは。亀有南口院の川上です。
今回は2016年も終わりも終わりの日の今になってやる人も多い大掃除について書いておきます。

興味ある方はご一読ください。
え?大掃除をしていない?これを読んでやるべきことをはっきりさせてやる気を出してみてください!

 

第1に何事もそうですが、計画を立ててから始めることです。

大掃除は行き当たりばったりに目に付いたところから掃除するのではなくて、しっかりとリストを作って、順番にやっていくのがコツのようです、これをやらないとうまく進まずいつまでも終わらないので、大まかでいいので何をやるかを決めておきましょう。

本来なら何日にも分けて行うべきものですが、この日に至ってはそんなことは言ってられないので出来る所だけやるようにしましょう。

本当は全部やりたいところですが、年末に大変な思いは嫌だと思うので、主に普段よくいる場所や目につく汚れを中心に大掃除をするのが良いでしょう。

計画だけ立てて何もできずに終わっては本末転倒なので、そこは注意です(・.・;)

 

次に掃除は高い所から始めてくべきでしょう、やはり高い所を後にしてしまうと上のほこりが下に落ちてまた汚れてしまうからです。

上を綺麗にして下に落ちたら最後に掃除機をかけましょう。

 

掃除する場所の順番も大事で、狭い所から片していくとモチベーションの維持にもなり良いそうです。

窓など外に出て掃除しなくてはいけない場所などは、日中の温かい時間にやるといいです、暖かくできるだけでなく日差しにより汚れの場所が分かりやすいからです。

基本掃除は午前中から始めた方が良いですが、31日まで伸ばしていた人はすでに午後かも知れません‥(笑)

早い人は10月から、もしくは年中きれいに保っているものです。

 

私が大掃除で特に大事だと感じたことは、いらないものとは決別し捨てる決断を取ることです。

やはり着ないのにある服などを取っておくと、選定にも迷いをきたしますしよくありません。

いらないものは捨てて、昔の自分にグッバイしましょう!

 

大掃除は大変ですが、明日からまた素晴らしい一年を過ごすためにも頑張ってやりましょう!

さぁこれを読んでいて大掃除をしていないあなた、やる気がわいてきたあなた!

レッツ大掃除!!!(^^)!

 

今年も一年お疲れ様でした。

皆さま2017年も健康に一年お過ごしください、それでは良いお年を!! A HAPPY NEW YEAR!!(^o^)丿

ひまわり堂では皆様の身体を怪我や辛さを癒すために一生懸命対応させていただきます。

ひまわり堂一同お待ちしております。

詳細はこちら

脳の鍛え方~part2

健康の話
2016.12.29

先週に引き続き脳の鍛え方をお伝えしたいと思います。

⑥人とのコミュニケーションを増やす

脳を鍛える方法は多くありますが、実は、そのほとんどが「記憶力や理解力をアップさせる方法」なのです。それは、計算が早くなったり、新しい事を理解する能力のアップに役立つ方法です。

一方、それらの方法では「表現力」や「想像力」は身につきません。そこで、「人とのコミュニケーションを増やす」という方法を実践しておきましょう。

人と話すという事は、その人に情報を伝えるという作業になります。当然、情報を伝えるには伝わりやすさが重要でしょう。この伝わりやすさが表現力であり、最初は苦手でもコミュニケーションを繰り返すうちに上手くなっていくものです。

もちろん、そのためには「相手の言葉を聞く」も欠かせません。これが「想像力のアップ」につながり、話を聞いて想像力を養い、自分の言葉を伝えて表現力を鍛えるという仕組みになるのです。

⑦スピードリスニングの効果

頭の回転を鍛えるという目的で、スピードリスニングを利用されている方もいるのではないでしょうか?

本当のところ、この方法に効果はあるのでしょうか?効果があるかないかで判断すれば効果はあると思います。

しかし、脳の回転の4大要素、「理解力・計算力・想像力・表現力」のうち、スピードリスニングでカバーできるのは「理解力」だけです。わずかに想像力アップ」にも効果があるかもしれませんが、メインは理解力アップになると考えて下さい。

したがって、「人の話を聞いても理解が遅い」や、「書類に目を通しても、全体的な理解ができない」という人にはオススメです。

⑧早起きをする

午前中の脳の働きを良くするためには、「早起きをする」が非常に有効です。脳は、起床してすぐにトップギアに入るわけではありません。個人差はありますが、およそ2時間でローギアに入り、その後は徐々にギアがアップしていく事になります。

たとえば、9時始業で7時に起床するとします。その場合は、ローギアの状態で仕事を始めなければいけません。トップギアで仕事を始めるには、せめてあと30分は早起きしておきたいものです。

もちろん、朝食も忘れずに食べておきましょう。たとえ早起きをして脳がギアチェンジしようとも、ギアチェンジに必要な栄養がなければ意味がありません。したがって、ギアチェンジがスムーズに行くよう、朝食で栄養補給をしておくことが大切なのです。

「でも、朝は何も食べたくない…」

と思われる方も多いでしょうが、その場合はカロリーメイトやゼリー状の栄養補助食品でも構いません。

本当は「米+味噌汁+おかず一品」のような組み合わせが良いのですが、コンニャク畑でも食べないよりはマシです。

 

なかなか実践するのが難しいかもしれませんが、試しにやってみてください。

自分は早起きから始めようかと思います。

南千住院 本間

詳細はこちら

年末年始診療時間&福袋CPお知らせ

お知らせ
2016.12.28

こんにちは南口院です。

12月は31日まで診療していますが、31日は13時までで診療受付を終了させていただきます。

三が日はお休みをいただき、1月4日(水)より通常通り診療させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

 

また、1/4(水)~1/18(水)限定で福袋を販売いたします。

1つ3240円でA~Fの中からお選びいただけます

 

Aコース・・・60分マッサージ1回券(定価5400円)

Bコース・・・楽トレ3回券(定価6480円又は9720円)

Cコース・・・クーリンプラス10袋(定価6480円)

Dコース・・・30分マッサージ+足スリム+ウールサポーター1つ(定価6360円)

Eコース・・・鍼灸ライトコース+オイルマッサージ+アイヘッド(定価5940円)

Fコース・・・30分マッサージ+メンタームQ2本(定価4428)

 

自費のチケットは3月末まで有効です。

数量限定販売です!!

予約も受け付けています!!

それではみなさまよいお年を~!(^^)!

 

 

 

詳細はこちら

凍傷について

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2016.12.28

0℃以下の環境で皮下の血管は収縮を始めるが、これは中枢体温を逃がさないための保護作用である。極度の低温もしくは長時間の寒冷下にさらされるとこの保護作用によって皮下の血行は極端に悪化し、部位によっては血行不全に陥る。こうした部位はやがて凍ってしまう。低温に血行不全が重なることによって体組織は凍結し深刻な損傷が生じるのである。凍傷は心臓から遠い部位および寒冷にさらされる表面積が大きい部位に最も生じやすい。また積雪期の山や高山では凍傷になる危険性が最も高い。好発部位としては四肢の指が最も多いが、耳や鼻、頬などにも発生する。

凍傷は早急に治療されなければ組織傷害は不可逆的なものとなる。凍傷に冒された部位は組織の虚血によって最初は紫色に変色し、低酸素状態により神経障害を生じ知覚が失われる。初期の神経障害は可逆的であるが、神経組織が壊死すると不可逆的になる。病状が進行すると治療を開始しても、水疱を生じるなど火傷による組織壊死に似た状態になる。火傷と同様に凍傷による損傷部位は易感染性であり、表皮が切れたり破れたりしていないか特に注意してチェックしなければならない。創部の感染壊疽に至る可能性を増やす。壊疽に至った場合は病変部位は黒色化し、腐敗するかミイラ化するので切断や離断が必要となる。鼻が壊死した場合は顔面形成術が必要となる。

20世紀後半頃までは、凍傷部位に対しては、急な加温を避け、少しずつ温度を上げて行くのがよいとされていたが、その後、早急に加温する方が効果的であると認識されるようになった。

凍傷を治療するときは患者を温かい場所へ移動して治療を受けさせる。凍傷部位は40℃から42℃くらいの湯に浸けるか、それが不可能な状況なら凍傷に冒されていない人の皮膚に接触させて温める。これは患部に知覚と運動機能が戻るまで続けるが、この過程で神経が解凍されるに伴ってしばしば激しい痛みが生じる。凍傷部位に含まれる氷の結晶が周囲の組織を傷つけるおそれがあり、決して凍傷部位をこすったり、叩いたり、振ったりしてはならない。温める処置は一定時間継続して行わなければならない。一度溶けかけた後に再凍結すると損傷をさらに悪化させるからである。

医療機関に収容された場合は、プロスタグランジン製剤や抗血小板剤、抗生物質、ステロイドなどの投与が行われるが、あくまで治療の基本は加温である。

追加治療として高圧酸素療法を行うと、組織の低酸素症を防ぎ浮腫を軽減することにより壊死に瀕している細胞のviabilityを向上させ、もっと多くの組織を壊死から救うことができるかもしれない。しかし症例報告はあるものの、実際にその効果を証明する研究はほとんど行われていない。

 

オレンジ堂整骨院 田仲

詳細はこちら

二日酔い予防に◎!忘年会でお酒と一緒に摂りたい食材4つ

Let‘s整骨院
2016.12.27

早いもので今年もあと少し。忘年会シーズンの到来です!

お酒が弱い人も強い人も知っておくと◎な「お酒と一緒に食べると二日酔い予防になる食材」を4つご紹介します。
12月から1月にかけては忘年会に加えて、クリスマス、お正月、新年会とイベントシーズンが続きますよね。

頭痛や吐き気に代表される二日酔いのまま仕事をしても効率が悪いですし、

翌日が休日だったらせっかくの楽しい予定を消化できない可能性もあります。

どこでも食べられるものばかりなので、意識してとるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

■緑黄色野菜■

緑黄色野菜やキノコ類、豆類、鶏肉、レバーなどに含まれている「ナイアシン」には、

アルコールを分解するときに働く酵素をサポートする「補酵素」としての役割があります。

ナイアシンが不足し、体内に「アセトアルデヒド」が残ると二日酔いの原因になると考えられています。

通常の食事からナイアシンの不足はあまり考えられないそうですが、

食事をとらないで大量にお酒を飲むとナイアシンが不足するといわれているので気をつけましょう。
たまにお酒を飲むと食事が進まなくなる人がいますが、食事と一緒にとるのが◎!

お酒を飲むときは必ず緑黄色野菜がはいったサラダをプラスしましょう。

食物繊維たっぷりの野菜から食べることで血糖値の急上昇を防ぐ働きもあるのでダイエットにもいいですよ。

 

 

■チーズ&ナッツ■

お酒のおつまみとして定番のチーズやナッツ類に含まれている「メチオニン」には、

肝臓の老廃物、毒素を体外に排出して代謝を促進する働きがあるので、メニューにあったらチョイスするようにするといいですね。

他には鶏肉や牛肉、かつおやマグロの他、牛乳や豆腐、納豆などの身近な食材にも含まれていますので、

家飲みなどの時につくるおつまみの参考にされるといいでしょう。

 

■しじみ■

しじみに多く含まれる「オルニチン」には、肝臓の健康に働きかける作用があるようです。

お酒を飲んだ後の〆や、翌朝の味噌汁にいれてみてはいかがでしょうか。
でも、しじみって野菜とかと異なり常に常備してはいないですよね。

そんな時におススメなのがしじみの冷凍。

しじみは砂出しをしたあとジップロックなどに入れ空気を抜いて1か月くらいは冷凍保存が可能です。

冷凍するとオルニチンの量が約8倍に増えることがわかっています。
調理のコツですが、強火調理をすること。

弱火で加熱すると蓋が開かないこともあるので気をつけて!

 

 

■ブロッコリースプラウト■

二日酔いや悪酔いの原因といわれているのが「アセトアルデヒド」。

分解されず、体内に蓄積されると吐き気や頭痛の要因になるそうです。
アメリカのジョンズ・ホプキンス医科大学とカゴメとの共同研究によってブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」が肝臓のアルデヒド脱水素酵素(ALDH)を活性化して、

二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解を促進させることがわかりました。

成熟したブロッコリーよりも、新芽状態のブロッコリースプラウトの方が、

スルフォラファンの含有量が多いそうですよ。

クリスマスやお正月など家でお酒を飲むという時は、身体のためにプラスするといいですね。

年末年始は二日酔いとは無縁の楽しいお酒にしたいですね!(^^)!

 

 

Let’s 齋藤 美香

詳細はこちら

年末年始の診療時間のお知らせです。

お知らせ
2016.12.26

年末年始のお知らせです。

12/28(水)~30(金) 9:00~12:00   15:00~19:00
12/31(土)          9:00~13:00
1/1(日)~3(火)     休診
1/4(水)~        9:00~12:00    15:00~19:00
となります。

大晦日まで休まず診療してます!
大掃除、年末疲れ….
来年に残さず年を越しましょう!
待ってますー!\(^o^)/

ひまわり堂接骨院 南千住院スタッフ一同

詳細はこちら

ノロウイルスの症状

健康の話
2016.12.26

冬になると新聞やテレビのニュース等でノロウイルスによる食中毒事件が連日のように報道されています。日本人は欧米人に比べると、食事の際の手洗いが徹底されているので、欧米ほどノロウイルスの感染者数は多くないと考えられていますが、食中毒患者の約半数はノロウイルスの感染が原因となっていることから、ノロウイルス対策が重要となってきています。

ノロウイルス食中毒は突然起きるものではなく、以下の4つのタイプがあります。いずれの場合もノロウイルス感染者が汚染源となっていることから、ノロウイルスによる食中毒を予防するためには、ノロウイルスに感染しないこととなります。

  • ノロウイルスに汚染された二枚貝を食べる
  • ノロウイルス感染者が、食品あるいは調理器具に触れて汚染する
  • ノロウイルスを含んだ嘔吐物・便が乾燥して、ウイルスが空中を漂い、食品等を汚染する
  • 簡易水道、井戸水がノロウイルスに汚染される

ノロウイルスは子供から高齢者まで幅広い年齢層で「感染性胃腸炎」を引き起こします。感染性胃腸炎は、嘔吐と下痢、脱水症状、発熱などの症状が病原体によって起きていると診断された際に付けられる診断名です。ノロウイルスのほか、ロタウイルス、アデノウイルス、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌(O-157など)、サルモネラ、カンピロバクターなど多くの病原体でおきます。

感染性胃腸炎の患者数は全国の約3,000箇所の小児科で調べられており、毎週厚生労働省に報告されています。公表されているデータによると毎年約90万人が感染性胃腸炎と診断されており、そのうちノロウイルス感染を原因とする患者数は正確に割合はわからないものの、23%程度と考えられています。

この数字は小児科の定点医療機関での数字ですので、実際には毎年約100万人の小児がノロウイルスによる感染性胃腸炎に罹患していると推定されています。

一方、成人、高齢者における感染性胃腸炎の患者数はわかりません。しかし、小児のほか学生、成人、高齢者に至るまであらゆる年齢層で罹患しており、数ある感染症の中で最も患者数が多いとされています。参考までにアメリカでは、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の患者数は毎年人口の約10%(2,000万人)と報告されています。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎患者は、例年10月から増加して、11・12月にピークを迎えます。患者は翌年の3月くらいまで多く見られ、その後は徐々に減少していきます。そして感染性胃腸炎患者の増加にほぼ比例する形で、食中毒も発生しています。ノロウイルスによる食中毒が多発するのは11月から3月までの間で、感染性胃腸炎患者の増加に伴い食品取扱者による食中毒が発生しています。

口から体内に入ったノロウイルスは、小腸の上皮細胞で感染・増殖します。一般的に12~72時間の潜伏期間を経て、腹痛、下痢、吐気、嘔吐が起こります。なかでも強烈な嘔吐が突然やってくるのが、ノロウイルスの大きな特徴です。嘔吐はトイレに駆け込む時間もない程、突然やってくるので、室内を汚染させやすく、このことが感染拡大の防止を妨げる大きな要因となっています。

嘔吐物からは大量のノロウイルスが排出されているので、嘔吐物を介しての感染拡大が高齢者施設、幼稚園、保育所などで毎年、起こっています。一般的に嘔吐は子供と高齢者に多く、下痢は成人と高齢者で高率に見られます。下痢は水のような状態で、重症例になると1日中数回もトイレに行きますが、大抵は2~3回で治まります。

ノロウイルスは人以外では増殖することができません。そのため、患者の糞便あるいは吐瀉物を採取して、そこに含まれるノロウイルス遺伝子を増やして目に見えるようにしてウイルスの存在を見出す方法(遺伝子増幅法)と、ノロウイルス感染者の糞便あるいは吐瀉物中のウイルスと抗体の結合物を作り、目に見えるようにして診断する方法(抗原抗体反応の検査)があります。

遺伝子増幅法としては、主に「RT-PCR法」と「リアルタイムPCR法」の2つが行われています。両検査は結果が得られるまで2~5時間を要し、検査材料1gあたり1,000~1万個のウイルス量で「陽性」となります。遺伝子を増やして診断する方法ですので、検出感度が高いのがメリットです。

一方、抗原抗体反応で行う検査法としては、主に「ELISA法」と「イムノクロマト法」などがあります。いずれの検査法も、30分以内の短時間で結果を得ることができるのがメリットですが、検出感度が低く、検査材料1g中に100万個以上存在したときに「陽性」と判定され、100万個未満のときは「陰性」と判定されてしまいます。

また、検査に用いた抗体と結合しないノロウイルス遺伝子型であった場合、たとえウイルス量が100万個以上存在していたとしても「陰性」と判定されてしまいます。実際に「陰性」と判定された調理従事者が、食材をノロウイルスで汚染させてしまい、食中毒を起こしたこともありました。

なお、診療報酬の算定方法の一部改正が行われ、平成24年4月1日からノロウイルスの検査が保険適用されました。保険適用となるのは、ノロウイルス感染症が疑われる場合で、患者が①3歳未満、②65歳以上、③悪性腫瘍の診断が確定している、などに該当する場合です。

ノロウイルス食中毒を予防するためには手洗い、食品の加熱が重要

ノロウイルスに感染しても、直接効果のある薬はまだ開発に至っていません。また、ノロウイルスには遺伝子型が非常に多く存在するため、ワクチンの開発は難しく、ウイルス増殖もできないため、完成の目処はたっていません。

治療の基本は、下痢で失われた水分とミネラルを補給することです。スポーツドリンクはミネラル分が強いので、水で3倍程度に薄めてから少量ずつ飲むのがよいでしょう。嘔吐が激しくて水分補給もままならないときは、脱水症状が酷くなる前に医療機関を受診しましょう。ウイルスの体外排出を遅らせるという理由で、通常はノロウイルス感染に対する下痢止めの使用は見送られますが、下痢症状が強くまた長時間にわたる場合は医師の指示で下痢止めが処方されるときもあります。自己判断で使用せずに必ず医師の指示を守ってください。

ノロウイルスによる食中毒を予防するために最も効果的なのは、食品を十分に加熱してノロウイルスを不活化する(感染性を失わせる)ことです。食品を中心部まで85度で1分間の加熱を行えば、仮にウイルスに汚染されていた食品を食べても食中毒にはなりません。

食材の中心温度を85度まで上げられない場合は、80度で5分、75度では10分以上の加熱でノロウイルスは不活化されるとされています。調理の際には中心温度を測り、過熱が確実であることを確認してください。

ノロウイルスは感染力が強く、汚染した手指を介して、直接・間接を問わず極わずかなウイルスが口に入っただけでも感染します。それを防ぐには、手に付着したウイルスを汚れとともに確実洗い流すことです。調理従事者は衛生的手洗いを頻繁に行うことにより、手荒れを起こしやすく、その部分に細菌やウイルスが付着しやすくなるので注意が必要です。

手洗いは、ノロウイルスを含め多くの病原体が手に付着する可能性があるときに行います。具体的にはトイレ後、食事前、調理前、配膳前、病原体の汚染度の高い食品(肉類、魚介類、野菜、生卵等)に触れたとき、掃除や廃棄物処理を行った後などです。

保育園や幼稚園など抵抗力の弱い子供が多く集まる施設では、洗うことができる玩具などは定期的に水洗いし、その後、日光消毒しましょう。洗えないものは次亜塩素酸ナトリウム(200ppm)で拭いて、水拭きしていから、日光消毒しましょう。加熱できるものは熱湯をかけるか、煮沸消毒をします。微酸性電解水で拭いても構いません。

調理台・調理器具は洗剤で洗った後、次亜塩素酸ナトリウム溶液(200ppm)に浸してから水洗いをして、よく乾燥させます。または、微酸性電解水で洗い流してもよいです。調理器具、食器、ふきんなどの加熱できるものは熱湯消毒または煮沸して、乾燥させます。

金町院 杉山

詳細はこちら

骨折あれこれ5 ~続発症 コンパートメント症候群~

亀有北口本院
2016.12.25

今回は骨折続発症のコンパートメント症候群(急性型)についてお話します。

前回の脂肪塞栓症候群の時に名前だけ出しましたが、

これは今までお話ししてきたクラッシュシンドロームや脂肪塞栓症候群と違って、

命に関わる問題に発展することはあまりないです。

しかし、コンパートメント症候群の怖い所は、部位によって重大な後遺症が起きることです。

後遺症の定義は『治療終了後も永続的に障害をのこすもの』となっています。

 

コンパートメントとは、区画という意味で、

人間の身体は、筋肉・血管・強靭な筋膜・骨間膜・骨などによって囲まれており、

この空間を区画と言います。

コンパートメント症候群とは、骨・筋肉・血管損傷などよりこの区画内の組織内圧が上昇して、

組織の循環不全によって、筋・神経の機能障害が起きた状態を指します。

 

簡単に言うと、組織が損傷を受けた場所が出血などによって腫れあがる際、

骨・筋膜・など強靭な組織で囲まれた区画のせいで逃げ場がなくなり、

区画内がパンパンに膨張することで周りの組織に多大な影響を及ぼす、という事になります。

 

影響を受ける組織の中でも特に問題なのが血管・神経です。

血管が膨張した組織によって圧迫を受けることで、

そこから先の血行が遮断され組織が壊死してしまいます。

筋・神経は一度壊死したら再生しません。

 

そして、肘の骨折によるコンパートメント症候群の中でもとりわけ子供に多いのですが、

一夜で現れて一生変形を残す『フォルクマン拘縮』を高確率で発症します。

※小中学校で、前並えをした時に腕が伸びきらない子がいましたが、おそらくフォルクマン拘縮だったと思います。

 

このように、命に関わらなくても生活の質(QOL)が著しく低下する恐れがあるのがコンパートメント症候群です。

そのコンパートメント症候群の主症状は、

 

1、麻痺

2、疼痛

3、感覚異常

4、蒼白

5、拍動消失

 

となります。

上記に6腫脹・7他動的伸張テストを加えることもあります。

 

特に発症しやすいのは前腕と下腿部なのですが、

これは、前腕も下腿も二本の骨で構成されている事が原因です。

骨と骨の間には骨間膜という強靭な膜があり、

この骨間膜が区画をより強固にしてしまうからです。

 

このコンパートメント症候群が起きる原因の一つに

ギプス・包帯のきつ過ぎが挙げられます。

もし医療機関で固定をしてもらった後に、

上記のような症状が急激に起きてきたらすぐに受診した医療機関に相談して下さい。

場合によっては筋膜切開といって手術で組織内圧を下げる以外に組織壊死を止める手段がない事もあるからです。

 

全ての症例に言えることですが、

放っておけば何とかなるかな?で何とかならないのです。

少しでもおかしいと思ったらすぐにご相談くださいね。

 

では皆さま、良いお年を!

お怪我などされない事を切に祈っております。

 

亀有本院 中尾

 

詳細はこちら

セメギアイ? in Christmas

亀有南口分院
2016.12.24

男性 「えっ!! 高いよぉ」

 

女性 「じゃあ、これは?」

 

 

先日デパートに行ったときに聞こえてきた、あるカップルの会話。

きっとクリスマスプレゼントについて話してたのでしょう。

 

今日はクリスマスイブ…

巷では三連休のうえクリスマスとあって大勢の人が買い物に出てて、いろいろな話し声が聞こえてきました。

 

デパートや家電量販店ではクリスマスプレゼントを探してる方がいる一方…

いろいろと話し合ってる?カップルがいたり…

おねだりしてる子供もいました。

 

人にお願いをしたり、頼みごとをするなど依頼をするときのコミュニケーション技法を少しご紹介します。

 

・フット・イン・ザ・ドア(段階的要請法)

まず最初にわざと受け手が承諾しやすい小さな頼みごとを要請し、その頼みごとを受け手に承諾・実行してもらう。そのあとで本来の目的の大きな頼みごとすると、受け手の承諾率が増加するという要請法。

第一の要請を受け入れたという事実と、次の第二の要請を拒否することが、受け手にとって認知的不協和(自分の行動に矛盾を起こしたくないという心理)を引き起こすので、受け手はそうした心理の発生を避けるため第二の要請を承諾する傾向が強まるのです。

【使うときのポイント】

・最初の要請は承諾してもらえるよう、なるべく簡単なものにする

・最初の要請と本来の目的の要請に関連性を持たせる

・あまり深く考えさせない

【使用例】

奥さん  「食器流しまで運んでくれる?」

旦那さん 「いいよ」

奥さん  「できたら水に浸けておいてくれる?」

旦那さん 「いいよ」

奥さん  「ありがとう。じゃあ、ついでに洗ってくれると嬉しいな」

 

 

・ドア・イン・ザ・フェイス(譲歩的要請法)

最初にわざと受け手が承諾できないほどの大きな頼みごとを要請して、その要請を受け手に断らせる。そのあとで、すぐに小さな本来の目的の要請をすると、受け手の承諾率が増加するという要請法。

第一の要請を断ったら、送り手が譲歩して小さい第二の要請をしてきたのだから、自分も譲歩して第二の要請を承諾しなければならないという受け手の返報性の法則(他人から恩恵を受けたら、自分もそれと同等のお返しをすべきであるという心理)を利用している要請法です。

【使うときのポイント】

・最初の要請は断られてもしかたないような大きな頼みごとにする

・最初の要請と本来の目的の要請は関連性が必要

・頼みごとをしても問題のない相手に使う

・同じ相手に何度も使わない

【使用例】

子供   「お小遣い足りないから、二万円にあげてよ」

お母さん 「そんなの無理に決まってるでしょ!!」

子供   「じゃあ、せめて五千円にしてよぉ お願い!!」

お母さん 「ん~~ 五千円ぐらいならいいかな…」

 

 

冒頭の会話も、もしかしたら…

女性 「(高級ブランドのボストンバッグを指さして)これが欲しかったの」  ← (妄想)

男性 「えっ!! 高いよぉ」

女性 「じゃあ、これは?」

(高級ブランドのハンドバッグを指さす)                  ← (妄想)

男性 「う~~ん (このぐらいだったら)いいよ」             ← (妄想)

女性 「ありがとう うれしい ♡」                        ← (妄想)

だったかもしれません。

 

人にお願いをするとき、されたとき上手い具合にコミュニケーションを取るためにも参考にしてみてください。

ちなみに自分は知っていても、きれいな女性お願いされたら…

 

 

南口院 いたばし

詳細はこちら

熊はビール飲まないよ!!

南千住院
2016.12.22

 

こんばんわ

南千住院 田中です。

最近、英語のアプリを始めたんですが身についているのかないのか・・・

そんなアプリをやっていって、なんだこの訳と思った一文二つを紹介

『あまたの熊はビールを飲む』

『その亀は牛乳を飲む』

おかしいだろ!!と思っています。というか英語が全くできない私ですら

こんなの会話に出ないでしょ!!そもそも飲まないとおもうよ!と

突っ込んでしまうぐらい他にも謎の訳があります・・・

 

まぁそんな話は置いといて今回はおせちについて!

私が最後にあるおせちの記憶、、、

実家のおせちは私があまり食べないせいかから揚げとか入っていて運動会のお弁当状態だったなぁというのと

今年のお正月にK村先生の家で食べたおせちですね・・・すごいおいしかった!!!!!\(^o^)/☆

でも意味も知らずバクバクいろいろなものを食べた記憶があります。

おせち料理の意味を調べてみました!

【紅白蒲鉾】

紅白は祝の色!

蒲鉾は≪日の出≫を象徴するもので、紅はまでたさと慶びを白は神聖を表している

【伊達巻】

江戸時代に長崎から江戸に伝わった≪カステラ蒲鉾≫が伊達者たちの着物に似ていたので伊達巻とよばれるようになったそうです。

昔は大事な文書や絵は巻物にしていたのでおせち料理には巻いた料理がたくさんあるんだそうです。

【錦玉子】

金、銀、錦にたとえて

錦玉子はその色で金と銀にたとえられ、2色を錦と語呂合わせしているともいわれているそうです。

【栗きんとん】

豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理

栗は山の幸の代表格で≪勝ち栗≫といって縁起が良いと尊ばれてきたそうです。

【黒豆】

元気に働けますように

『まめ』は元来、丈夫・健康を意味する言葉だそうです。

≪まめに働く≫などの語呂合わせからもおせち料理には欠かせない一品

【昆布巻】

昆布で健康長寿を

昆布は≪喜ぶ≫の言葉にかけて正月の鏡飾りにも用いられていて一家発展の縁起ものだそうです。

【田作り】

五穀宝穣を願い、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名づけられたそうです。

【数の子】

子宝と子孫繁栄を祈る

数の子はニシンの卵であり、二親から多くの子が出るのでめでたいと古くからおせち料理に使われていたそうです。

【菊花かぶ】

冬が旬のかぶをおめでたい菊の形に飾り切りし、赤く染めて紅白の酢のものに仕立てたのが菊かぶであり、消化に良い栄養素を含みます。

【小肌粟漬】

将来の出世を願って

小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。

出世魚らしく縁起が良いとされていて、黄色に染めた粟は五穀豊穣を願っているそうです。

【エビ】

長生きの象徴

えびは長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きをすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。

【紅白なます】

紅白でおめでたいさっぱり料理

【ごぼう】

細く長く幸せに

細長く地中にしっかり根を張るゴボウは縁起の良い食材

たたきごぼうはごぼうを叩き、身を開いて開運の縁起をかついだものだそうです。

【するめ】

祝い事を表す縁起もの

≪寿留女≫の字を当て、結納の品として用いられたそうです。

 

こうして調べてみるとたくさんおめでたい意味があるんですね!

今度食べる時はまんべんなくたくさん食べようと思う田中です!(笑)

詳細はこちら

ページトップへ戻る