もち麦の力~part1|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 南千住院 > もち麦の力~part1

もち麦の力~part1

健康の話
2017.01.19
画像

家でよく玄米を食べている南千住院の本間です。

今回玄米よりも健康的でおまけに下腹をはじめとして、全身のダイエットに効果的といわれている「もち麦」

について書きたいと思います。ポッコリおなかや下半身のダイエットを目指していた人から、高い評価を受けています。

食事の回数を削るのではなく、食事の内容を変更するだけで痩せられるもち麦ダイエットは、食べることが大好きな人も気軽に取り組むことができるダイエット方法です。

そんな一日2回のもち麦ダイエットを説明していきます。

◆もち麦ダイエットとは?◆

もち麦ダイエットは一日にたった2回、白米の代わりにもち麦を食べるだけ!という簡単なダイエット方法です。

でも、もち麦は日本ではあまりメジャーな食べ物ではありません。もち麦を実際に見たことがある人は少ないのではないでしょうか。

◆もち麦ってどんな食べ物?◆

もち麦はビールや麦茶の材料に使われている、大麦の一種です。
日本国内ではあまり聞かない食品名ですが、①イタリアン②フレンチ③韓国料理にも使われています。

当初は兵庫県の福崎町で名産品として売られていましたが、近頃になって、「高いダイエット効果がある」という口コミが広まり、全国的に人気が出始めました。

口コミは海外にも広まっており、今では、①アメリカ②カナダ③オーストラリアといった外国でも、

コレステロールを下げる健康食品として栽培されつつあります。

見た目は粒の中央に黒条線と呼ばれる黒い線が入っており、食感は通常の麦よりも粘りがあり、

噛むとプチプチしているのが特徴です。また、①アミロース②アミロペクチンの量が通常の麦とは違うので

麦ご飯特有のパサついた食感に悩まされることもありません。

お米の種類にもち米があるように、もち麦も古くから団子おはぎの材料として使われてきた食べ応えのある食品なのです。

◆もち麦と玄米の違い◆

白米の代わりに食べる低カロリーな主食として、玄米が知られていますが、もち麦と玄米はまったくの別物です。
まず、玄米は名前のとおり、お米の一種です。

白米との違いは精白していないという点だけで、ダイエット効果ももち麦に比べると高いとはいえません。
それぞれのカロリーからも、そのことがよくわかります。

150gあたり
白米 252kcal
玄米 248kcal
もち麦ご飯 198kcal

このように、玄米はさほどカロリーが低い食べ物ではありません。
そんな玄米が健康食品として知られている理由は、食物繊維やミネラルをたくさん含んでいるためです。
ただし、食物繊維の含有量を比較するなら、もち麦も玄米に負けていません。

◆食物繊維がダントツに豊富なもち麦◆

もち麦は白米や玄米よりも、たくさんの食物繊維を含んでいる食品です。

玄米が100gあたり3.0gの食物繊維を含んでいるのに対して、もち麦はなんと、100gあたり12.9gもの食物繊維を含んでいます。また、もち麦に含まれている食物繊維は、βグルカン(ベータグルカン)と呼ばれる特殊な食物繊維で、ダイエット効果を高めてくれます。

正直、玄米を食べていた身としてはもち麦のカロリーにしても食物繊維にしても驚きました。

まだまだ驚く事はありますが・・・今回はこの辺で。

 

ページトップへ戻る