長時間座りっぱなしはやっぱり良くない|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 西川整骨院・鍼灸院 > 長時間座りっぱなしはやっぱり良くない

長時間座りっぱなしはやっぱり良くない

健康の話
2017.01.27

こんにちは!木村です(^^)/

真面目に金曜日にブログ更新です!

 

 

さてさて今週は~~

 

人は長時間座りっぱなしの状態が続くとどうなるのか?

を、今回調べてみようと思いますm(__)m

 

 

☆過剰なインスリン分泌ががん細胞の増殖を促進☆

座りっぱなしの悪影響、そのひとつは腸への負担です。

国立がん研究所のデータを元に、座りっぱなしでいることが、

結腸がん、乳がん、および子宮内膜がんを発症するリスクが高まるという

結論を出しているところもあります。

どうやら、過剰なインスリンががん細胞の働きを活発にするんだとか。

身体を動かすことで、自然と体内の抗酸化作用を高めていき、

がん細胞の働きを弱めることもあるかも?

 

☆背中への圧力そして腰痛☆

当然のことながら、長時間座ったままでは腰に痛みがきます。

原因は、座位は立っているよりも背中への圧力がかかるから。

パソコンの前で背中を丸めて座っている。これは一番良くない状態です。

背中に痛みを感じている人の約4割が、

毎日パソコンの前で長時間を費やしていることも調査から判明しています。

 

 

☆姿勢が悪い→首に負担→睡眠時無呼吸症候群のおそれ!?☆

また、猫背になったり足を組んだり、姿勢の悪い座り方は、首にも負担をかけることに。

これにより、十分な睡眠を得られない可能性があるんだそう。

その原因が、長時間座り続けることによる、血流の滞りです。

座ったままの姿勢では、血液は足へと溜まりがち。

それが夜、横になることで頭へと移動。

ここに睡眠時、無呼吸状態になりやすい状況があると言われています。

 

☆運動不足は要注意!心疾患疾患の疑いも!☆

☆脳卒中のリスクも☆

☆おしりも使わないからたるむ☆

 

いいことないですよね。本当に。

 

腰痛やら肩こりやらが一番なりやすいのかと思いきや

結構内臓疾患も関与してくる長時間座りっぱなしシリーズ。

 

姿勢をよく保持できる時間は大体30分ぐらいと言われているんです。

それ以上になってくると保持できても

背中が曲がったり、足を組んでしまったり、ゆがみの原因に。

 

30分に1回は立って、ストレッチをして、

筋肉に酸素を入れてリフレッシュするように心がけましょう!

 

ページトップへ戻る