乾燥肌について|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 乾燥肌について

乾燥肌について

健康の話
2017.02.20

中山です。今回は乾燥肌についてです。
乾燥肌には食べ物が大きく影響している?
「乾燥肌」と「食べ物」。

 

一見、あまり関係ないようなイメージですよね。

 

乾燥肌といえば、化粧水や美容液といった外側からのスキンケアを連想します。

 

しかし!!

 

実は、乾燥肌は体内環境が原因で引き起こってしまう可能性があるんです!

 

色んなスキンケアを試しても乾燥肌が治らないアナタ!

 

毎日の食事を振り返ってみませんか?

 
乾燥肌を食べ物で改善!内側からのケアで目指せ美肌!
食べ物が乾燥肌を引き起こす理由

 

理由

忙しい現代社会。

 

規則正しい時間に食事する事や、バランスの良い食事をする事が難しい人も多いはず。

 

ですが、偏った食事を続けて栄養が不足すると?

 

代謝が悪化したり、腸内環境が悪化したりします。

 

 

①代謝が悪化すると?

 

肌表面をバリアする皮脂の分泌が減って、お肌が乾燥しやすい状態になります。

 

 

②腸内環境が悪化すると?

 

体内を巡る血液が汚れてしまい、その汚れを肌から外へ出そうとして肌表面に汚れが接触。

 

雑菌により乾燥や肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

どんなに肌表面をケアしても、体の内側から悪影響を与えていては改善は出来ませんよね。

 

食事の時間やバランスを見直してみましょう!
乾燥肌に良い食べ物&悪い食べ物

 

どうしても食事の時間やバランスの見直しが難しい!

 

そんな人は、なるべく乾燥肌に悪い食べ物を避け、良い食べ物を摂取するようにしてみてください。

 
【良い食べ物】

・ビタミンA/β-カロテン・・・皮膚の潤いを保って乾燥を防ぐ。代謝を高めて肌を健康に保つ。
・ビタミンC・・・皮膚・血管を強くし、肌にハリを持たせる。
・ビタミンE・・・血行を良くして肌の代謝を活発にする。
・たんぱく質・・・皮膚のバリア機能を守り、健康的な肌を保つ。

 

これらを含んでいる食べ物がオススメです♪

☆卵→たんぱく質、ビタミンAなど
☆納豆→たんぱく質、ビタミンEなど
☆アボカド→ビタミンE、β-カロテン、ビタミンCなど
☆パプリカ→ビタミンC、β-カロテン、ビタミンEなど
☆モロヘイヤ→β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEなど
☆いわし→たんぱく質、ビタミンAなど
☆はちみつ→ビタミンC、たんぱく質、ビタミンBなど

 

これらの食材は、乾燥肌はもちろん、敏感肌に効果のある成分が多く含まれています。

 

食事に積極的に取り入れてみてください!

 
【悪い食べ物】

 

コーヒー

・カフェイン
コーヒー、ココア、チョコレート、緑茶、紅茶など、
血管を収縮させる働きや体を冷やす働きがある為、代謝が悪くなります。

 

・ファストフード、スナック菓子
塩分・脂分が多い為、血液をドロドロにして代謝を悪くします。

 

・冷たい食べ物
アイスクリームや冷たい飲み物など、体を冷やす食べ物や飲み物を沢山摂ると血行が悪くなります。

 

・甘い食べ物
甘いお菓子やケーキ、清涼飲料水など、糖分を摂り過ぎると腸内の悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化します。

 

 

これらは、乾燥肌を引き起こしやすい食べ物になります。

 

ただし、全く摂取しないとストレスにもつながってしまいます。

 

なので、摂り過ぎない事を心がけると良いですね。

 

金町院 中山

ページトップへ戻る