花粉シーズン!のどの痛み|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 花粉シーズン!のどの痛み

花粉シーズン!のどの痛み

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.03.08

憂鬱な花粉のシーズンがやってきました。

我が家は今、のどの痛みに悩まされています。

花粉症も年々、症状がひどくなる方が多い
のではないでしょうか・・。

花粉症の代表的な症状は、鼻水、くしゃみに
目が痒いなどですが、ひどくなると、頭痛や
肩こり、咳やのどの痛み、皮膚炎などさまざまな
症状が起こります。

 

今では、花粉症の市販薬もいろいろと出ていて、
有効なものも多いので、初期であれば鼻や目の
症状はわりと早くに抑えることが可能です。

しかし、症状がひどくなり、咳やのどの痛みが
出ているときはなかなか治りづらいものがあります。

もちろんそんな時は、医療機関(耳鼻咽喉科)を
受診するのが一番ですが、それでもすぐには治り
にくいものです。

のどの痛みはツラいですよね・・
ツバを飲み込むだけでも激痛で思わず顔が歪んで
しまうくらい・・

そこで、のどの痛みや咳、痰などの症状を緩和する方法を調べてみました。

湿度を保ちのどを守る予防策

室内では、加湿器で湿度を保つことを心がけましょう。外出先では、ぬれマスクがおすすめ。

くしゃみによる飛沫感染を防ぐだけでなく、フィルターの水分が呼吸によって蒸気になり、のどを潤してくれます。また、のどあめで唾液の分泌を促すことも、のどの乾燥予防になります。

それでものどが痛くなったときの対処法

のどの乾燥を防ぎ、水うがいや手洗いをしっかり行っていても、完璧に細菌やウイルスを防ぐことはできません。

のどのイガイガ、乾燥などの違和感をおぼえたら、医薬品ですぐに殺菌・消毒を心がけてください。

のどの細菌を殺菌する医薬品には、「うがい薬」「薬用のどあめ」「トローチ」「のどスプレー」などがありますが、効き目や使いやすさなど、それぞれ特徴があります。

うがい薬や薬用のどあめは、のどの広範囲にいきわたり、おだやかに効いていきます。

 

お手軽なのどあめ?使い慣れたうがい薬?しっかり殺菌するには「スプレー薬」!

のどあめやうがい薬とは、まったく異なるアプローチをするのがスプレー薬。スプレー薬は、シュッと吹きつけるだけで、つらい痛みを感じる部分に直接当てやすい点がポイントです。

水や唾液で薬液を薄めることがないので、細菌への殺菌力をしっかり発揮します。

また、うがい薬とは違い、水のない場所で使えるのもメリット。携帯しやすいサイズが多く、外出先でもこまめにケアできるのでおすすめです。

つらい痛みをともなうのどの症状には、スプレー薬が適しているといえるでしょう。

花粉症のシーズンを過ぎて1カ月以上経っても咳が出続けたり、のどの不快感がおさまらない場合は、花粉症が原因で「後鼻漏」を発症している可能性もあるらしいです。

そんな時は耳鼻科を受診し、治療を受けることをおすすめします。

 

オレンジ堂 横山

ページトップへ戻る