ibiki|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > Let‘s整骨院 > いびきについて

いびきについて

Let‘s整骨院
2017.04.04

原因と症状

いびきとは睡眠時の呼吸に伴う雑音のことです。

睡眠中は全身の筋肉が緩み、舌を含むのどの周りの筋肉も緩みます。

寝ることで重力が下に落ち込み、気道がより狭くなり、そこに空気が通ると周囲の組織が振動していびきが起こります。

いびきには、2つの種類があります。

●単純性いびき
鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因の一時的ないびき。原因を取り除けばいびきは解消します。

●睡眠時無呼吸を伴ういびき
常時いびきがあり、他人から指摘されるほどの騒音。放置しておくと睡眠時無呼吸は悪化し、様々な重病を合併し、交通事故を起こしやすくなります。生存率、つまり寿命にも関係するといわれています。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome 以下SAS)とは、睡眠中に呼吸が停止する状態(無呼吸)や止まりかける状態(低呼吸)が何度も繰り返される病気です。一般に、無呼吸・低呼吸が1時間に5回以上認められます。呼吸が止まるたびに脳が短時間覚醒するため、眠りが浅くなってしまいます。
そのため、起床時の頭痛、日中の強い眠気や疲労感、集中力・記憶力の低下などの自覚症状が現れます。その他の症状としては、不眠、夜間頻尿、寝相が悪いなどがあります。
SASの原因は、肥満による首回りの脂肪の沈着、扁桃腺肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい、鼻が曲がっているなどが挙げられます。
欧米人では肥満者が多い一方、日本人ではやせ型の患者さんも多いのが特徴です。これは、顎が小さいという骨格の影響があるといわれています。

 

いびき改善に役立つ工夫

●肥満の人は減量する
肥満している人は食事療法や運動を行い、減量しましょう。

肥満は、いびきやSASの大きな原因になります。体重の5%を目標に減量してください。

●横向きに寝る
仰向けに寝ると重力の影響で気道がふさがりやすくなってしまうので、体を横向きにしたまま寝るといいでしょう。

なかなか難しいですが、横向きに寝るという意識を持つようにしましょう。

●寝酒は止める
お酒はのどの筋肉をゆるめ、気道の閉塞を起こしやすくします。

また水分で舌も大きくなり鼻づまりもしやすくなります。寝酒は止めましょう。

●寝室の湿度を保つ
いびきをかくと口呼吸になります。のどが乾燥したり、ホコリが侵入したりして炎症の原因になります。

炎症すると、気道が狭くなるので、さらにいびきをかきやすくなります。乾燥する季節は、寝室に加湿器をつけましょう。

●いびき体操を行う
いびき体操は、かなり効果があります。口の中の筋肉を鍛えるので小顔効果もあります。

まずは、顎をいためない程度にほどほどに行いましょう。

〈いびき体操のやり方〉

舌を前に出す舌を回転する舌を持ち上げる

舌を前に出す→舌を回転する→舌を持ち上げる

 

舌をそり返すのどちんこを上げる口をすぼめる

舌をそり返す→のどちんこを上げる→口をすぼめる

 

口に指を入れてすぼめる口をつり上げる

口に指を入れてすぼめる→口をつり上げる

 

Let’s整骨院 江原

ページトップへ戻る