目の疲れ|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > オレンジ堂整骨院・鍼灸院 > 目の疲れ

目の疲れ

オレンジ堂整骨院・鍼灸院
2017.04.19

最近は当たり前に見ているパソコンやスマートフォン。

その普及により、昔と比べて目を酷使する頻度は増えてきましたよね。

どちらも生活の中で必要不可欠であるため切っても切り離せないものですが、日々目の疲れを感じている方は多いのではないでしょうか。

目の疲れは放置しておくと健康面で様々な症状を起こしますよね。

そんな目の疲れが体に及ぼす影響と簡単にできる疲れ目解消法をご紹介します。

目を酷使することで筋肉を凝り固まらせ、血液の循環を悪くします。

血液の循環が悪くなると

  • 目のかすみ、痛み、乾燥、充血、重たさ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 吐き気

さらには血行不良により、頭皮に栄養が行き届かなくなってしまうため、薄毛の原因にもなります。おーこわ。

まずは簡単に「目の疲れ」を感じた時には蒸しタオルを使って凝りをほぐすのも手です。

蒸しタオルが目の周りの血行を良くしてくれます。

蒸しタオルの作り方
  1. タオルを濡らす。
  2. 濡らしたらほどよく絞る。このときタオルに水分が残りすぎないようにして下さい。
  3. くるくる丸めて電子レンジで温める。500Wで約1分が目安です。
  4. 加熱したら適温になるまで冷まします。同時に体の中からケアしていくことも大事。

    具体的にどんな成分を含んだ食品が疲れ目に効果的なのでしょうか。

    アントシアニン

    目に良い成分としておなじみのアントシアニン。目の神経伝達をスムーズに行う役割を持っています。他にも

    • 白内障
    • 緑内障

    等の眼病予防にも効果的とされています。

    アントシアニンが多く含まれている主な食品としてはブルーベリー、ビルベリー、ブドウ、ナス、紫芋、しそ、赤キャベツ、黒豆が挙げられます。

    そしてルテインも効果的。代表的なものは緑黄色野菜です。

    ルテインは黄色の天然色素ですから、黄色やオレンジ色に惹かれるかもしれませんが、野菜にはルテイン以外の色素もいろいろ含まれていますので、

    含有量の多さは、表われている色では判断できません。

    ルテイン含有量のデータは海外のもの、日本のものといくつかあり、数値には差も出ていますが、いずれにおいても群を抜いてもっとも含有量の多いのは野菜のケールです。

    そう、あの青汁ですね。次いで多いのはサボイキャベツ、日本では、ちりめんキャベツと呼ばれる濃い緑色の縮れたキャベツです。

    3番手がパセリとほうれん草になります。ほかにブロッコリー、芽キャベツ、かぼちゃ、にんじん、グリーンピース、とうもろこしなども、ルテインが比較的多いとされています。

    野菜以外では、卵黄や色の濃い果物にもルテインが含まれています。

    ほうれん草とコーンのベーコンソテー、ブロッコリーに刻みパセリとナッツをトッピングしたサラダ、細切りにんじんと卵、ツナを炒めた沖縄料理「にんじんしりしり」などはいかがですか。

     

    オレンジ堂 横山

 

ページトップへ戻る