植物|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

未分類

ホーム > 未分類 > 植物と生活🌷

植物と生活🌷

未分類
2017.04.25

こんにちは!Let’s整骨院の佐藤です。

今日は4月25日㈫です。気付けばもう4月も終わりです。5月にはいれば、皆さんが待ち望むGW(ゴールデンウィーク)がありますね!!

皆さんはどうGWを過ごすか予定を立てましたか?
遊びやお仕事と、きっと立て込んでいることでしょう😊

Let’s整骨院はGWも午前9時~午後13時まで開院しているので、いつもはなかなかご来院できない方々もこの機会に是非ご来院して下さい(#^^#)
さて、前置きがありましたがさっそく内容にいきましょう(/・ω・)/

昨日は【植物学の日】でしたので植物を身近におくことで健康に繋がるものを紹介します。
なんで今日じゃないのというツッコミはなしでお願いします(笑)(/ω\)

お部屋に置ける観葉植物には空気清浄の効果があります。
一口に空気清浄といっても「観葉植物の空気清浄ってどんな効果があるの?」「あるんだったらどれぐらい効果があるんだろう?」
「空気清浄効果が高い植物の種類を知りたい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。植物の持つ効果は目に見えないため、
分かりづらいものです。
今回は、実証されている観葉植物の持つ空気清浄効果をお伝えします(‘◇’)ゞ

観葉植物には3つの空気清浄効果があります。
・空気中の有害物質の吸収
・マイナスイオン濃度上昇
・カビ、バクテリアの抑制    

 

空気中の有害物質の吸収

観葉植物にはシックハウス(ビル)症候群の原因となる有害物質(ホルムアルデヒドやトルエン、キシレン、アセトンなど)を吸収する力があることを、アメリカのNASAが発見し実証しました。
観葉植物は、私たちが日ごろ生活している職場や、家庭内での空気をきれいにするだけでなく、健康被害を抑える役割を持っていることがわかりました。
室内に置く観葉植物の数が多ければ多いほどその効果は大きくなるので、植物が多い空間に行くと思わず深呼吸したくなるのはそのためなのでしょうか(。´・ω・)?

マイナスイオン濃度上昇

マイナスイオンは心拍の安定、血圧を下げる効果、リラックス効果があり、心の健康のみならず、体の健康にたいへん良い働きをします。なんとそのマイナスイオンはすべての観葉植物から発生することがわかっています。
観葉植物は葉から水分を蒸発させ、空気中の湿度を上げ、ほこりやプラズマイオンを吸着させて地面に落とします。その結果マイナスイオンが残り、マイナスイオンの濃度が上昇していくことになります(´ω`*)

カビ、バクテリアの抑制 

観葉植物はフィトケミカルという化学物質を放出し、空気中を浮遊している人体に有害なカビの胞子やバクテリアを抑制します。
もともとは観葉植物が自身を守るために放出しているのですが、結果的に私たち健康も守ってくれています(*´Д`)
観葉植物は二酸化炭素を吸収すると同時に、人に優しい空気を送り出す、とても優秀な空気浄化システムなんだと気付かされます。

「観葉植物」の画像検索結果

本日はここまでです。
では、皆さんまた次のブログで(^▽^)/

Let’s整骨院 佐藤

 

ページトップへ戻る