顎関節症|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有南口分院 > 顎関節症

顎関節症

亀有南口分院
2017.04.29

「顎関節症」の画像検索結果

 

「あごが痛い」

「口が開かない」

「カクカク音がして痛い」

こんな症状はありませんか?

顎関節症の人の症状として

・口を大きく開いたとき,人差し指から薬指を並べた3本指を縦にして入るか

・口を大きく開け閉めした時,あごの痛みがあるか

・口を大きく開いたとき,まっすぐに開くか

・硬いものを食べるとあごや顔が痛むか

などがあります。

顎関節症になる要因としては

・食いしばりや歯ぎしり

・偏った咀嚼

・姿勢の癖や寝相

・顎を使う特殊な習慣

などがあります。

 

「歯を食いしばる」の画像検索結果

自宅で出来るセルフケアとして

まず痛みが辛い時には

・10分間を限度として氷水を入れたビニール袋を痛む顎関節の外側、あるいは筋肉の上に当てて冷やす。10分冷やしたらゆっくりと開閉口して顎関節を動かすとともに筋肉を引き延ばす動作を繰り返し、これを1日何回か行う。

・食品は小さく切り分け大きく開口することを避けるとともに、かみしめが必要な固い食品(特にビーフジャーキー、するめ、フランスパンといった食品のように、かみ切るのにしっかりかみしめる必要があるもの)は避けるようにしましょう。

・急に開閉口する動作は、関節をさらに傷つける可能性があるので避けましょう。

症状が落ち着いてきたら

・蒸しタオルを5分ほど当てて温める。

・親指の付け根(母指球)や3本そろえた指先でゆっくり押し回すようにマッサージする。強くつまんだり、痛みが強まるほど激しくもむのは逆効果みたいです。

「蒸しタオル」の画像検索結果

顎関節症を放っておくと・・・

顎関節がゆがむと頭蓋骨にゆがみの力が伝達されます。逆に頭蓋骨がゆがむと、顎にゆがみが出てきてしまいます。頭蓋にゆがむがあると、自律神経失調症やうつ病になりやすいと言われています。

顎関節症の方は、生活が乱れてくるとそうではない方より、自律神経失調症やうつ病になりやすいそうです。

なので自覚症状のある方は早めの治療をお勧めします。

「元気マーク フリー」の画像検索結果

南口院  名嘉真

ページトップへ戻る