股関節が詰まる?|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > 股関節が詰まる?

股関節が詰まる?

金町院
2017.05.08

股関節は球関節と言ってとても可動域の大きい関節です。写真のように骨盤のソケット部分に、大腿骨(太ももの骨)の突出した先端部分がはまるようにしておさまっています。

このはまっている部分がいくつかの強力な靭帯によって骨盤とつながれているのですが日常のクセや怪我の影響などにより少しずつねじれてくることが原因として考えられます。

また、大腿骨の突出部の角度が浅かったり、内側に傾いているような生まれつきの変形があるということも稀ではありません。

その結果、ソケット部と大腿骨の先端部分がはまっている部分で、筋肉などの組織を挟み込んでしまって痛みを生じてしまうのです。

他にも、お尻や腸腰筋が硬くなることで骨盤周りの筋バランスが崩れて大腿骨の前方にずれやすくなってしまうことも原因としては考えられます。

特に野球やテニスなどのように低い姿勢で動く競技や、サッカーやラグビーのように、素早い左右の切り返し動作が多い競技で頻繁に起こります。

股関節のつまりを改善するには

特に骨盤周りの筋バランスを正常に戻していくことが重要になります。痛みがあるからと無理やりストレッチを繰り返していくと、逆に痛みが強くなっていくこともありますので要注意です。

重要な筋肉はお尻の横にある中殿筋と股関節の前面にある腸腰筋の活性化。

筋肉を強くするというよりは股関節で挟み込みが起きないように、関節の中でうまく滑り込んでいくように誘導してくれるのがこの二つの筋肉です。

逆に使いすぎないようにしなければいけないのが、太ももの外側にある大腿筋膜張筋という細く長い筋肉。運動をしていて、太ももの外側が張りやすいといった場合には要注意です。

大腿筋膜張筋(太ももの外側)の使いすぎが腸腰筋や中臀筋の機能を阻害していることがほとんどなので、大腿筋膜張筋の抑制と中臀筋・腸腰筋の活性化が課題です。

 

金町院 川上

ページトップへ戻る