ヨーグルトで健康に|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 金町院 > ヨーグルトで健康に

ヨーグルトで健康に

金町院
2017.05.15

ヨーグルトは体に良いとか、腸内環境を整えるとかって良く聞くと思います。でも、皆さんはヨーグルトにどんな健康効果があるのかご存知でしょうか?

私たちはヨーグルトと聞くと、なんとなくお腹の調子を整えるんでしょ?くらいのイメージしかないかもしれません。

でも、ヨーグルトには知られざる効果がたくさんあります!その中には対人関係で重要になっるものだってあるんですよ!これを知るとヨーグルトを毎日食べたくなるかもしれません。

ただし、食べ方にも注意が必要です。良く知らないで適当な食べ方をしていると、効果が出ないばかりかかえって逆効果になってしまうかもしれません。

そうならないように、ヨーグルトについてちゃんと理解しておきたいですよね?

そこで、今回はヨーグルトの健康効果の秘密と効果的な食べ方についてお伝えします

効果の代表的なものは次の7つです!

  • 整腸作用
  • 免疫力向上
  • 美肌効果
  • 体臭や口臭の改善効果
  • コレステロールを下げる
  • 血圧を下げる
  • 便秘や下痢の改善

乳酸菌は牛乳を発酵させる過程で、様々な代謝物を生成します。これらの物質が腸の中に最初からいる善玉菌のエサになり、善玉菌が増えるのを助けるのです。

また、乳酸菌の細胞の中にも様々な物質が存在しています。これらも善玉菌のエサになると考えられています。そのため、乳酸菌が胃酸によって死んでしまっても、死んだ乳酸菌の細胞内の物質によって、ビフィズス菌を始めとした善玉菌が増えるのです。

そして、善玉菌は増える過程で乳酸を作り、腸の中を酸性にしてくれます。
酸性の環境では、悪玉菌は増えることができないため、善玉菌が増えることで、自然に悪玉菌を減らすことができます。乳酸菌は牛乳を発酵させる過程で、たくさんの乳酸を作り出します。ヨーグルトに爽やかな酸味があるのは、この乳酸のおかげなのです。
この酸っぱいヨーグルトを食べると、やはり腸内環境は酸性に傾きます。そのため、悪玉菌が増えにくい環境になり、善玉菌が増えやすい環境になるのです。
また善玉菌自身も乳酸を作り出すため、ヨーグルトによって腸内環境が改善すると、善玉菌が増えて更に酸性になるという好循環も生まれて、ますます腸内環境が良くなるのです。

最近の研究では腸内環境は人間の健康に様々な影響を与えることが分かってきています。今後もこれ以外の健康効果がどんどん解明されていくかもしれませんね!

健康効果を最大限発揮するには食べ方にも注意が必要です。

そのポイントは次の3つです!

  • 食べるのは朝
  • 食べる量は1回に100g~300g
  • 電子レンジで人肌くらいに温める

    このように様々な健康効果があるヨーグルトを、皆さんも日常の食生活に取り入れてみてくださいね!

ページトップへ戻る