ヨーグルトの秘めたる力...|葛飾区亀有、金町の接骨・鍼灸院

  • スタッフブログ
  • ひまわり堂について
  • 採用情報

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 亀有北口本院 > ヨーグルトの秘めたる力...

ヨーグルトの秘めたる力...

亀有北口本院
2017.05.21

皆さん、こんにちは!!

この度ひまわり堂接骨院北口本院に配属されました、伊勢鉄兵と言います。

よろしくお願いします!

初めてのスタッフブログのお題は今ひそかに話題を集めている「ヨーグルト」です。

ではヨーグルトにはどんな効果が有るのか、わかりやすく説明していきたいと思います!!

(1)便秘解消・改善

成人の腸の中には、約1%の乳酸菌(=ビフィズス菌のサポート役)と約10%のビフィズス菌(=腸内環境を整えてくれる優れもの)を含む善玉菌、中間菌、悪玉菌の3種類が存在していると言われています。

善玉菌と悪玉菌には、次に紹介するような特徴があり、善玉菌を増やすことによって腸内は健康になり、便秘解消効果が期待されます。

・善玉菌

整腸作用があり、中間菌と共に消化・吸収を促進させます!

美容や健康に良い効果があると期待されています。→我々の味方

・悪玉菌

腸内の腐敗物などを作り出して、便秘・ガス(オナラの原因)や体臭が臭くなる、更には肌荒れなどを引き起こす原因と言われています。→我々の敵

(2)免疫力のUP

先ほども記した通り、ヨーグルトには腸内環境をよくする作用があり、腸内環境をよくすることは、免疫力を高めることにつながります。腸内には善玉菌や悪玉菌など約100兆もの菌が存在しているとされています。その中でも乳酸菌は善玉菌の代表ともいえるもので、病原菌をやっつけたり、免疫力を高めてくれます。

(3)コレステロールの低下

ヨーグルトにはダイエットにも有効であると言われていますが、ひとつの研究の結果「悪玉コレステロール値をヨーグルトの乳酸菌が減少させる効果がある」ということが分かっています。

コレステロールの抑制効果がある「ビフィズス菌」が効果を発揮してくれると言われています。心筋梗塞などの病気もコレステロール値の高さが低くなるので、その病気の抑制にもなりますね。

(4)歯周病予防に最適

歯周病は日本人の約70%もの人が感染すると言われている。

定期的に歯科医に診てもらうことや、生活習慣を変えるなどさまざまな対策法があげられます。

その中でも近年、話題になっている方法になんと「ヨーグルト歯磨き」があります。

ヨーグルト歯磨きとは、名前の通り歯磨きにヨーグルトを用いて歯を磨く方法です。その方法は以下の通りです。

a.まずは、通常通り歯を磨きましょう!

歯に垂直になるように歯と歯の間や、歯と歯茎の境目を横に細かく磨きます。

b.すすぎましょう!

通常の歯磨きを終えたら、一度すすぎます。

c.ヨーグルトで歯を磨きましょう!

ヨーグルト歯磨きに使用するヨーグルトはどれでも良い訳ではありません。

上記の乳酸菌が入った無糖のヨーグルトを使用する必要があります。

歯ブラシにヨーグルトを少しつけて、もう一度(1)と同じように一本ずつ丁寧に歯を磨いていきます。

d.最後はすすがない!

ヨーグルトで歯を磨いた後は、口をすすがないのがポイントです。

せっかく歯や歯茎に付いた乳酸菌を洗い流してしまうと、効果がなくなってしまいます。                                      なので、歯を磨いた後のヨーグルトは吐き出すか、そのまま飲み込んでしまいましょう。

いかがだったでしょうか。ヨーグルトには私たち人間の健康に関して大きく関わりを持っています。

皆さんも、一日一食ヨーグルトを取り入れてみてはいかがでしょうか?

体の調子などが変わるかもしれません。

 

ページトップへ戻る